【アニメ】無彩限のファントムワールド

京都アニメーション制作。

京アニだけあって絵は美麗です。京アニだけあって幼女の可愛さはあり得ないほどです。

でも、この作品は失敗です。

設定は、「境界の彼方」のくり返しですし、ギャグにもシリアスにも徹していないため作品のコンセプトが中途半端です。おもいっきりギャグによせた回(例えば初回)は、人体の動きを的確に捉えた絵と相まって、結構面白かったです。この路線で突き進んで欲しかった。

「エンドレス・エイト」のように、京アニは時々変なことをしますが、そうしたものは狙いが先鋭すぎて時代が追いついていないと言えなくもありません。しかし、この「無彩限のファントムワールド」は無難に作ろうとして失敗するという悪いパターンの失敗です。

次回作に期待します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle