【ウルトラマン】第八話:怪獣無法地帯

レッドキング、マグラー、チャンドラー、ピグモン、スフランが登場します。

怪獣映画でよくある複数怪獣のバトルロワイアルですが、テレビでここまで大量の怪獣が出てくるのは実に豪華です。

反面、怪獣の設定はテキトーです。火山の爆発で人間が島を空け、数年後に戻ってきたら「怪獣無法地帯」になっていました、ということです。放射能の影響とか、宇宙からやってきたとかいう設定はまったくありません。めんどうな説明抜きで怪獣のバトルロワイアルを楽しんでもらおうということかもしれません。

メインとなる怪獣はレッドキング。なんで「赤」なのかわかりませんが、ゴロがいいので覚えやすいです。フォルムも伝統的な怪獣スタイルで、無駄な装飾がなくすっきりしたいいデザインです。しかもこの怪獣、石をもって投げつける攻撃をするという頭脳派でありながら敵の腕をもぐといった残虐さとパワーを合わせ持っています。

有名なピグモンも初登場しています。「ウルトラQ」に出てきたガラモンとまったく同じ形状ですが、サイズは人間大と小さくなっています。「ウルトラマン」の世界ではガラモンはなかったことになっているみたいです。けっして見た目が可愛いとは思えません。ゆるキャラのはしりなのかもしれません。

前後編の二部構成にしてもおかしくないくらいの中身の濃い一本でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle