【ウルトラマン】第十話:謎の恐竜基地

ジラースが登場します。着ぐるみはゴジラにえりまきをつけたものです。ウルトラマンの世界ではゴジラは存在しないことになっているみたいで、関係についての言及はありません。ただ、子供にはゴジラとまるわかりです。サービスというか遊びだったのかもしれません。

ふと、気になったのですが、映画に出演した怪獣がウルトラマンやウルトラセブンなどのテレビ番組に出るというのはなかったように思います。権利の関係かもしれません。昔の米国では映画俳優はテレビに出ないし、テレビ俳優は映画に出ない、と聞いたことがあります。日本の怪獣も同じルールがあったのだとしたらちょっと面白いです。

今週のジラースは怪獣ではなく、恐竜です。ただ、怪獣という生物学的くくりがあるわけではないのですから、“恐竜のジラースは怪獣です”と言っても差し支えないかもしれません。

ジラースはネス湖にいたのを発見されて日本に連れてこられ十五年かけて育てられたとのことです。発見者は恐竜学者ですが、自分は死んだことにして、別人に変装して暮らしていました。理由は分かりません。動機はよくわからないのですが、頭がおかしくなった科学者は危険、ということで納得するしかないかもしれません。

ウルトラマンとジラースの対決はこれまでとは一風変わっています。互いに腕試しのようなことをしたり、闘牛風のシーンがあったり、チャンバラ映画の決闘シーンのようなものがあったりと、異質な演出です。そして今週もとどめにスペシウム光線は使いませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle