【映画】64 後編

「64 前編」を観たので、後編も観ました。

詳しく書くとネタバレになるので控えますが、“なるほど”と思わせました。「映画史に残る傑作の誕生」(宣伝コピー)は、ちょっと大げさかも知りませんが、見ごたえ十分です。

ちょっと引っかかったのは、後編冒頭で描かれる「ロクヨン」を模したと思われる事件は、犯人にとっては乾坤一擲の大勝負のはずなのに偶然に頼りすぎたものだったところです。小説だと、ここら辺をきちんと説明しているのかもしれません。

それと、後編では、主人公と対立したキャラクターそれぞれに“いいシーン”があるところも気になります。こういうのは、人気役者に見せ場を作ってやった、という感じです。

気になったのはそれくらいで、十分に満足のいく映画でした。

チラシに公衆電話の写真が使われていた意味も後編で判明します。これには情動を揺さぶられました。

前編と合わせてお薦めできます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle