【映画】マネーモンスター

監督:ジョディ・フォスター
主演:ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ

司会者(ジョージ・クルーニー)がTV番組で言ったことを信じて株投資をして文無しになった男が、生放送中の番組をジャックします。株価下落の原因はその会社が発注して作った自動取引プログラムのバグ、というのが公式見解。しかし、そこには陰謀が隠されていました。司会者と番組ディレクター(ジュリア・ロバーツ)は、犯人と協力する形で真の悪人に迫る。というのが大筋の流れです。

ジョディ・フォスターが有名俳優を二人起用した豪華な映画です。

しかし、変でした。

まず、犯人に同情できません。株の売買なんて自己責任に決まっています。しかも、この番組は冒頭で司会者がバックダンサーを従えて踊りを披露するというふざけた番組です。まじめな情報番組ですらありません。

番組ディレクターもいい人っぽいですが、変です。司会者が爆弾つきジャケットを着せられ放送の続行を要求されているのに、テキパキと現場を仕切ります。有能なのは結構ですが有能すぎて異様です。

一番変なのは、株価操作の陰謀です。株価下落の原因は自動取引プログラムではなかったというのが真相なのですが、プログラムだろうがなんだろうが売りがたくさんあったから株価が下落したのです。したがって他の方法で売り浴びせをする必要があったはずです。それなら、本当にプログラムに仕込みをしていたという設定の方が自然です。もう一つあります。この取引プログラムは自分達で開発させて、自社株の売買だけに使うという意味不明のプログラムです。

多分、こういうことだったと思います。

本来は、逆ギレした犯人に番組を乗っ取られる。しかし番組ディレクターはその事件さえ視聴率UPの素材として利用しようとする、という構想だったのではないでしょうか。つまり、“テレビ局の異常者”を描きたかったように思います。

しかし、これだと主演俳優が悪者になります。どこからかの筋からストップがかかって、やむなく別の悪者を用意しました。自家用機で飛び回っているような大物経営者なら悪者にぴったりですし、格差問題に切り込んだみたいでその部分でも話題になれそうです。

犯人も同情の余地があるかのようにして、ディレクターも司会者もいい人っぽく描き、都合の悪いことはすべて悪徳経営者に押し付けます。無理矢理悪者にしたので設定に疑問が多数残りますが仕方ありません。

こう考えると不自然な設定も合点がいきます。邪推ですが、案外当たっているような気もします。

俳優や監督がお好きな方はどうぞ。ただし、純粋に映画としてみるのはきついかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle