【ウルトラマン】第十一話:宇宙から来た暴れん坊

ギャンゴが登場します。

宇宙から落ちてきた謎の隕石は、人の意思によって何にでも姿を変える石でした。石を盗み出した男のいたずら心で石は怪獣ギャンゴになります。出自が生き物ではないためか、特異なデザインです。二足歩行なのに尻尾がなく、だからといって星人ではなく、あくまでも獣っぽさを残しています。耳は人工物のようにも見えますし、腹の模様も風変わりです。

そして、ギャンゴには知性を感じさせます。ビートル(科特隊の飛行機)を頭脳的作戦で墜落・油断させてウルトラマンを攻撃・空を飛ぶウルトラマンをうらやましそうにする、など、暴れているだけでない怪獣の「演技」が見られます。

今週もとどめのスペシウム光線は見られませんでした。それどころか、ギャンゴを生み出した男が目を覚ましたことで石に戻ったので、ウルトラマンの活躍で倒したわけではありません。

よく考えると、今週の話は、「ウルトラQ」にあってもおかしくないような話です。ウルトラマンが登場しなくても、男が目覚めさせればギャンゴは消えるわけですから、「ウルトラQ」の1エピソードに組み入れることは十分に可能です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle