【映画】日本で一番悪い奴ら

主演:綾野剛
監督:白石和彌

実話をもとにした、腐敗した警官の物語です。正確には、腐敗しているのは警官ではなく、警察組織、と言うべきでしょう。

犯罪組織にS(スパイ)を作って情報を取るぐらいのことなら、不正といっても容認できないわけではありません。しかし、点数稼ぎのために拳銃を密輸させて摘発するというのは想像を超えています。しかもそれだけではなく、覚醒剤の密輸と拳銃の密輸の摘発を取引するという仰天の計画まであります。

社会派ドラマにありがちな堅苦しさはありません。コミカルな軽いのりで撮られています。

難を言えば、主役の悪徳警官は柔道のモサという設定なのですが、主演の綾野剛にゴツさがなかったことです。でも、演技自体は悪くなかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle