【テレビ】NHKスペシャル:私は家族を殺した~“介護殺人”当事者たちの告白

7月3日。NHK放送。「NHKスペシャル:私は家族を殺した~“介護殺人”当事者たちの告白」の視聴メモです。

2010年1月から2015年12月まで、未遂・傷害致死を含めた“介護殺人”は138件にのぼっている。NHKは、介護殺人の当事者へのインタビューを行った。また、現在介護をしている人への取材も行った。

■71歳男性のケース。妻を殺害。現在、執行猶予中。
仲のよい夫婦であった。夫婦でドライブにいくことが何よりも楽しみにしていた。しかし、妻が骨折したことがきっかけで介護が必要になる。そして、介護が始まって10ヶ月で「死にたい、殺して」と妻が言うようになる。
夫の言葉:『それが頻繁にそういう言葉が出てくると自分自身の心が折れて、自分がその中に引きずり込まれる。もう自分自身でブレーキの踏みようがなかった。「何とかして自分たちでやり直そう」「何とかして治そう」と言ったけど、勝てなかった
男性は自殺を試みますが、失敗。そして裁判で執行猶予の判決をうける。
長男と電話しているときに「おやじは許さん」と長男が言った。「自分は妻を憎くてやったんじゃない」と言ったけど、長男は聞き入れてくれなかった

■母を殺害して懲役8年の刑を受けている男性(50代)のケース。
大手企業に勤める兄が母親を介護していたが、一人では無理になったので、失業中の弟を呼び寄せた。母親の面倒をみはじめて2ヶ月後に、弟は母を手にかけた。
弟の言葉:『兄は一人で母の面倒を見ていて一昨年の10月私に電話をかけ「母の認知症がひどくなったから助けてくれ」と言われてしまった。私はもしその時「手伝ってくれ」と言われたら断るつもりでいたが「助けてくれ」と言われたら「うん、分かった」と言うしかなかった。
(母には)私の言うことは分かってもらえず、母も日本語ではない何かさっぱりわからない言葉を大きな声で、再現できないのが非常に悔しいが、何を言っているのか全く分からず、意思の疎通ができない時間が1日のうちの大半だったので、それが一番辛かった。
私は母のことを母の皮をかぶった化物だと思っていた。
私には逃げる場所がなかった。どこにも逃げ先や行くあてもなかった。
犯行のほんの数日前のある晩、夜7時すぎにトイレから出てきた母が着ていたパジャマや手に持っていたタオルに大便を、どうやったらそんなに付くのか大量に付けて、私のほうに泣きながら「私は何か悪いことをしたんですか」と言いながら来たので、一番つらくて一番かわいそうなのは母本人なんだと思った。母を楽にしてやれるのは俺しかいないと決めて、その2、3日後に犯行に至ってしまった。
それが全てです


■認知症の妻を殺害した夫(75)のケース
懲役7年で服役中。
特別養護老人ホームは600人以上が入居待ちで、民間のホームは経済的に入居は無理だった。そこでデイサービスを利用していたが、要介護2(要介護認定の軽いほうから二番目)なので、週に2日か3日しか利用できず、大半の時間は夫が妻の介護をした。
デイサービスを利用して一ヶ月あまりたって、夫からサービスセンターに電話があった。「妻の妄想で気がおかしくなりそうだ。預かってほしい。このままだと殺人者になってしまいそうだ」と訴えた。しかし、この日は他の利用者で一杯なので受け入れられなかった。
そして、暴言を繰り返す妻を衝動的に包丁で刺してしまった。

■現在介護をしている男性(51)のインタビュー
母親の介護を11年やっている。妻とは離婚。勤めは辞めた。収入は母親の年金のみ。
根本的な所で言うと一番つらいのはやっぱり自由がないこと。手足を鎖でつながれた牢獄にいるような感覚ですよね。介護している身としては。かなりきつい。たまんない。介護ロボットみたいな感じ。ただ介護するためだけに今自分がいる生活をしているみたい
5年前母親が脳梗塞で倒れた際、救急車を呼ぶことをためらった経験を語る。
倒れているお袋を前にして、ぼーと呆然と見ている、眺めているというか見ているというか、あのまま放置してお袋がいなくなった方が、これで介護が終わると、それでやっと自由になると、あの行動をとったんだろうなと。それしかない。他に考えてみれば
介護の事件に関してですけど、「ああやっと介護終わりましたね」と「お疲れ様」と(加害者に)言いたい。「お疲れ様」と言ったら失礼かもしれないけど「良かったでうね」とも言えないし、でも「終わりましたね」と、その後、罪を償わないといけないので、刑務所に入ったりあるかもしれないが、それよりも何よりまず「介護が終わりましたね」と「終わったんですね」と声をかけたい

■感想
大変に重たい番組でした。加害者の人たちの証言を文字おこししましたが、文字情報だけでは、とてもではありませんが伝えられた気がしません。再放送があれば是非ご覧ください。打ちのめされます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle