【放送大学】世界の中の日本:第12回

高橋和夫先生による、放送大学の講義「世界の中の日本」の視聴メモ。

第12回は「異邦人か、隣人か? 外国人労働者」です。

外国人労働者受入れの賛成派と反対派に話を聞く。まず、賛成派の経団連から。

・人口減なので移民が必要。これまでの外国人労働者は個人でやってきた。これからの外国人労働者は家族単位で来ることが考えられる。
・日本で作られる製品はハイレベルなものなので、それら高い付加価値を作る日本人労働者の賃金はさがらないと推測される。
・移民は国民の理解がないと進まないので、徐々に進めていきたい。

反対派の小野五郎埼玉大学名誉教授の話
・送り出し側では人材が減るというデメリットがあり、故国に送金しても大半はあぶく銭で経済協力になっていない。
・日本人を指導するような高度人材なら来てもらうメリットはある。しかし、そんなのは明治期だけの話。たとえばプログラマーなどは、どう考えても高度人材ではない。
・外国人を入れると社会的がかかる。そのコストは入れたいと望んだ企業が、受益者負担の原則に従い、支払うべき。
・外国人は財やサービスとは違う。人格を持った存在であることを忘れてはいけない。

外国人介護士について、河北総合病院のナーシングディレクター(看護婦のトップ?)の話。
・外国人介護士を入れることで介護士の給料が下がるということはないと思うし、あってはならない。
・外国人介護士が教育をうける時間にも給料が発生しているし、日本人の同僚が時間外に教えることもあり、コストがかかる。今後、受入れを続けるなら、そういう部分を国が面倒見て欲しい。

外国人労働者の日本語教育について、日本語教育研究所理事の話。
・日本語が非関税障壁になっている。
・大人になって日本に来て日本語をマスターするのは難しい。
・現状では、国は民間に丸投げしている。
・今後、国が受け入れを続けるなら、国が支援すべき。

■感想
外国人労働者を入れたら、競合する労働市場では給料が下がるのは自明です。需要と供給の原則から逃れられることはできません。高度製品を作っている日本人労働者の給料は下がらないかもしれませんが、日本人のだれもが高度製品を作れるわけではありません。これまでは、そういう人はそういう人なりに社会に貢献して、給料を貰って生きてきました。外国人労働者が入ってくれば、その層はもろに競合します。そして、賃金が下がるか失業するかです。

経団連の人も、おそらくそういう予測をしているはずです。にも関わらず、しれっと、日本人の賃金は下がらないと思います、と言うのは、邪悪さすら感じます。

外国人労働者が入ってきた場合の社会的コストを国が面倒みろ、という意見を複数人が言っていました。国が支援するということは国民の税金です。自分達が、人手不足だから(そもそも給料を上げないから人手不足になっているのですが)外国人を入れろ、と主張して、コストは他人のふところを当てにするのは、ちょっと図々しすぎます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle