【介護】サービスの選択

前回の続きです。

ランクが決まって、ケアマネージャーが決まったので、いよいよ介護サービスを選びます。ランクによって補助の上限額が決まっていますので、多くのサービスを望むのであれば、取捨選択が必要になります。

サービスはケアマネージャーと相談して決め、個々のサービスの申し込みはケアマネージャーにお願いすることになります。

分からないことはケアマネージャーに相談すればいいのですが、私は、ケアマネージャーに頼らず、本人と家族である程度のあたりを付けておくべきだと考えています。

というのは、実はケアマネージャーを派遣している事業体が、同時に介護サービス(例えばデイケアの運営)をしたりもしています。つまり同じ事業体が、ケアマネージャーを派遣し、介護サービスを展開しているのです。

この場合、ケアマネージャーは自分のデイケアを利用するように勧めることがあると考えられます。本当にデイケアに行きたいのであればいいのでしょうが、ケアマネージャーの意見に流され、必要のないサービスの利用は無駄です。

よく準備した上でなら、ケアマネージャーの助言を客観的に判断できます。本人あるいは家族が主体的に考え、ケアマネージャーにはアドバイスを求めるという関係が望ましいものです。

サービスの一覧は、地域包括支援センターのくれる冊子で分かりますので、ケアマネージャーと話をするまえに予習できます。

私の家族の場合は、入院していたのでリハビリ専門のデイケアと住宅改修(手すりの設置)と車椅子の借り出しを考えていました。ケアマネージャーは、退院後の生活に介護ベッドが必要なのでは、と言っていましたが、入院中でも体を起こすぐらいはできていたので、介護ベッドは必要なし、と答えました。

それで感情的にこじれたということはありません。淡々と話が進められました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle