【朝日新聞】鳥越俊太郎氏へのインタビュー

8月20日朝日新聞夕刊。東京都知事選に落選したジャーナリストの鳥越俊太郎氏へのインタビューです。質問は

東京都知事選での敗北劇 「晩節を汚した」って思わない?


です。
鳥越氏の回答は

 全くそうは思っていません。僕はネットを見ないので、そういう声があるなんて初めて聞いたね。むしろ政治の世界をちょっと垣間見るという、いい経験をしました。都知事になるには都政について体系的に政策や意見をまとめておかないと無理だったんだろうなっていうことは、やってみて分かった。正直言って僕にはなかった。「ストップ・ザ・安倍」の思いだけで手を挙げたから。
 いろいろな批判を受けたことに対して、つらくはありませんでした。週刊誌の報道というのは、会見を開いて「違う」と説明しても「本人はそう言っている。ただ疑惑は残る」と続いていく。同じ週刊誌の仕事をやってきた人間として分かっていた。やられたものはしょうがないんだよね。
(略)


選挙戦中の鳥越氏のスキャンダル報道には疑問を持っていました。事実かどうかはともかく、あのタイミングでの報道は選挙妨害くさいものがあります。

しかし、このインタビューで二点驚いたことがあります。

一点目。

都知事になるには都政について体系的に政策や意見をまとめておかないと無理だったんだろうなっていうことは、やってみて分かった。正直言って僕にはなかった。

おいおい、という感じです。鳥越氏に投票した人はこれをどう読んでいるのでしょう。無理だったそうですよ。

やってみて分かった」というのも、どのタイミングでしょうか。もしかして、選挙中に無理だと分かっていたのに、しゃあしゃあと演説していたのでしょうか?

二点目。

週刊誌の報道というのは、会見を開いて「違う」と説明しても「本人はそう言っている。ただ疑惑は残る」と続いていく。同じ週刊誌の仕事をやってきた人間として分かっていた。やられたものはしょうがないんだよね。

鳥越氏の主張ではスキャンダル報道はまったくのデタラメだそうです。にもかかわらず、週刊誌の仕事をしてきた人間として「やられたものはしょうがない」というのが分かるそうです。

つまり、デタラメな報道をされても反論は効果がないというのが、現在の日本の風景だそうです。かつて週刊誌の仕事をしていたジャーナリストとして、その現状を肯定するのか否定するのか、否定するならどうするのか、を示すべきです。安倍政権に文句をいう前にやるべきことがあるはずです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

曳尾さんへ!!

はじめまして!
取越さんのコメントには驚きましたねー。汗)文春の暴露は仕方が無いとして、「ストップ・ザ・安倍」は理解できますが、勉強不足を言ってはいけませんでしょう・喝

有権者は買いかぶっていたのですから、さらりとかわす事が大事です。汗)
立候補すれば勝てると思っていたのでしょうね~笑)しかし、支持者の私もそう思っていましたが・・情けない終末でした。お元気で。

Re: 曳尾さんへ!!

荒野鷹虎さま

負けたショックもあるし、昔のスキャンダルを暴かれた怒りもあるのでしょうが、この受け答えはちょっといけませんね。それこそ「晩節を汚して」ます。
コメントありがとうございました。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle