【放送大学】世界の中の日本:第15回

高橋和夫先生による、放送大学の講義「世界の中の日本」の視聴メモ。

第15回は「グローバル化、北欧、日本」です。

今回が最後の講義です。

グローバル化(=人と物と情報が国境を越える)する現在、日本のありかたを見つめなおしてきました。そのヒントを北欧諸国に探し、また日本の中の外国人(特にイスラム教徒)との関わりをみてきました。

日本にあるモスクの数は、1950年に2つ。1990年に4つ。1995年に8つ。2000年に18個。2005年に33個。2009年に63個。2013年に73個。と激増しています。一見、普通の家屋に見えるようなモスクもあるので気づきにくいですが、増えています。

福岡にモスクが開設した際のパーティーに取材しました。驚いたことに、仏教の僧侶が招かれていました。

来賓としてきていた駐日アラブ首長国連邦大使の話。
「日本でのイスラム教徒の未来は明るい。日本は寛容で信仰の自由があるし、イスラム教への偏見も無い」

少子化の日本は選ぶべき道は三つある。一つはこのまま何もしない。二つ目は日本人の人口増をはかる。三つ目は外国からの移民を受け入れる。

少子化を考える上で、婚外子の割合が重要。人口100人当たりの婚外子の数は、日本2.1人。香港5.6人。アメリカ40.6人。デンマーク46.2人。スウェーデン54.7人。ここから考えて、結婚しなくても子供を産み育てられる環境があれば、人口は増えると思われる。

■感想
大使が、赴任国について良いこと言うのは当たり前なので、割り引いて聞く必要があります。日本人がイスラム教徒に寛容なのは、数がそれほど多くなく、問題を起こしていないことが大きな理由だと思います。ヨーロッパ並みに増えれば、当然犯罪発生数もそれに比例して増えますので、いまほど寛容ではいられないでしょう。イスラム教に偏見がないのではなく、関心がないだけだと思います。

外国では婚外子が少ないようですが、婚外子といっても、母親が一人で育てている場合もあれば、カップルが単に婚姻届を出していない場合もあります。この場合は実質婚姻と同じです。婚外子の割合を見るのではなく、親が一人で育てている子供の割合を見るべきかと思います。

北欧は、日本とはあまりにも条件(主産業、人口)が違うので、直接の参考にはなりにくいと感じます。例えば、“日本のあるべき未来を湾岸産油国に見つけよう”というのと変わらない違和感があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle