【ウルトラマン】第二十一話:「噴煙突破せよ」

ケムラー登場

ケムラーは毒ガスを吐きます。街の人が毒ガスでばたばたと倒れるという凄惨な絵がありました。オウム真理教の事件の前だからこそ描けたのだと思います。

ストーリーは特に変わったところがありません。怪獣が現れ、科特隊が出動し、ウルトラマンも戦う、といういつものパターンです。ちょっと違うのは、ウルトラマンのスペシウム光線が効かずに、科特隊が新兵器(マッドバズーカ)で斃したという点です。

あと、ホシノ少年がビートルを操縦して危機を切り抜けるといった、子供が活躍するシーンもあります。

いつもより科特隊が活躍する回でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle