【アニメ】一人之下

中国産のアニメです。日本のスタッフも噛んでいるらしいですが、中国の制作会社の名前を前面に押し出していますので、中国アニメと呼ぶべきでしょう。

私は中国政府には批判的ですが、中国人の友人はいますし、漢字文化にも敬意を払っています。中国人に対して隔意はありません。したがって、このアニメの評価も、中国アニメだからという理由で厳しいことを言うつもりもありません。むしろ、甘く評価していると思います。何が甘いかというと、日本で作った作品だったら視聴打ち切りにするレベルなのに、頑張って最後まで観たことです。

けれど、最後まで観なければ苦言を呈することもないわけで、その意味で、甘いのではなく、酷なのかもしれません。

一番の問題は、完結しなかったことです。よその国に乗り込んで勝負をかけた作品が未完というのは制作陣の姿勢を疑います。完結しなくても、面白さが伝わるものはありますが、この作品の場合、キャラクタと状況の紹介程度で話が終わって、これからが本番というところでの最終回です。続きはクールを改めてというつもりかもしれませんが、それは実績を積んでからすることです。営業的な判断ミスです。

作画も悪いです。あまり、“作画作画”といいたくはないのですが、ちょっと酷すぎました。

良かったのはアクションシーン(殺陣)です。なかなか力が入って丁寧に描いていましたし、包丁を使った殺陣も新鮮でした。しかしどうしたことか、最終回の一つ前では力つきたのか、アクションシーンを描かないで、怯える群衆を描くという手抜きでがっかりしました。

おそらくスケジュール管理に失敗があったのでしょう。

褒めるところが少なかったですが、外国作品の日本上陸は良い刺激になる可能性があるので、基本的には歓迎しています。

この制作会社は別作品を10月期にも放映するとのことです。次もよっぽどのレベルでない限り視聴してみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle