【アニメ】クオリディア・コード

近未来に、会話の通じない敵が攻めてきて少年少女が戦う(大人は戦わないか、戦うにしてもバックアップだけ)という、よくあるタイプの物語(初出はエヴァンゲリオンかな?)です。ライトノベルを原作とするアニメだと、げっぷが出るほどたくさんあります。

この作品は、このパターンに自覚的につくられています。パターンに当てはめながらも、そこにひねりを加えようという意欲が見えました。

しかしながら、パターンを崩しただけで、その上に新しく構築したものがないように見えます。

終盤に用意されたどんでん返しも、「ラーゼフォン」の焼き直しです。

新しいものを作ろうとした意気込みは感じますが、空まわりに終わっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle