【映画】Cutie Honey TEARS

主演:西内まりや
原作:永井豪

原作の「キューテーハニー」は既読ですが、映画は原作というより原案といった方が正確です。

人々は、上層階に住む富裕層と下層に住む貧民層に分かれています。上層階からの汚染物質で下層に有毒な雨が降るという設定です。格差社会です。一部で受けそうです。

この設定は、社会の成員の全てが超巨大なビル構造に住んでいる場合に成り立つ設定です。しかし、画面を見る限り街は水平方向にいくらでも広がっています。汚染物質の“雨”というのが廃液などで上層から垂れてくるというのであれば、垂れてこないところに引っ越せばいいだけです。“雨”が本当の雨ならば、下層の貧民だけでなく、ビルの上層の富裕層だって影響は受けるはずです。

なんだか分からない設定です。単に、格差社会問題を持ち出したかっただけではないでしょうか。

全体に緊張感が足りなく、いささか退屈してしまいました。

ただし、二人のアンドロイド役の女優は雰囲気がありました。その点だけは成功といえます。

また、多くの男性が期待したであろう、お色気シーンもたいしたことありません。家族で観るような映画ではないかもしれませんが、家族連れでも安心です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle