FC2ブログ

【朝日新聞】瀬戸内寂聴さんの「バカども」発言

10月14日朝日新聞朝刊。文化・文芸欄に、作家で僧侶の瀬戸内寂聴氏が毎月書いているエッセー「残された日々」。今回は「バカは私」と題して、先般日本弁護士連合会からの要請で公開したビデオメッセージで、犯罪被害者を「バカども」呼ばわりしてとして批判を浴びたことへの謝罪を載せています。

(略)
ある日、日本弁護士連合会から電話があり、
「福井で人権擁護大会が開催される。その1日目で死刑廃止のシンポジウムを行う予定である。そこへビデオメッセージを送ってほしい」と言ってきた。私が日頃、「死刑廃止」について関心を持ち、日本の現死刑制度に批判的なのを承知の上の要求である。私は即、メッセージの収録に応じた。
「・・・・・・人間が人間を殺すなんて一番野蛮なこと。みなさん頑張って『殺さない』ってことを大きな声で唱えてください」
と言った。その後に
「そして殺したがるバカどもと戦ってください」
と結んだ。
私の気持ちは、殺したがっているのは、今なお死刑制度を続けている国家や、現政府に対してのものだった。常日頃、書いたり、口にしたりしている私の死刑制度反対の考えから、当然、今も世界の趨勢に遅れ、死刑制度をつづけている我が国の政府に対して、人権擁護の立場から発した意見であった。バカという言葉は94歳の作家で老尼の口にする言葉ではないと、深く反省しているものの、発言の流れからしても「バカども」は当然、被害者のことではないと聞けるはずである。でなければ言葉に敏感な弁護士たちが、そのまま流すはずはないだろう。これまでも私は文学者として出家者としても被害者のために論じ、行動してきている。過去の私の言行を調べてくれればわかるはずである。
それが私は犯罪被害者たちをバカ呼ばわりしたととられ、ネットで炎上して、私への非難が燃え上がっているという。
秘書から炎上を知らされた時、真っ先に浮かんだのは「もの言えば唇寒し秋の風」であり、「だから長生きは厭なんだ」であった。そんな誤解を招く言葉を94歳にもなった作家で出家者の身で、口にする大バカ者こそ、さっさと死ねばいいのである。耄碌のせいだなどと私は逃げない。お心を傷つけた方々には心底お詫びします。
(略)


94歳にもなった人間を批判するのは心苦しいのですが、折角本人が直接この件を語ったのですから、その勇気に敬意を表する意味で触れてみたいと思います。

私は死刑廃止の考えを持っています。しかし、瀬戸内氏の元の発言は問題だと考えています。

「バカという言葉は94歳の作家で老尼の口にする言葉ではない」からということではありません。反省すべきはそこではありません。

普通に、日本の死刑廃止論に関心がある者なら、国民の多くが死刑制度に賛成していることを知っているはずです。けっして、国民が反対しているのに政府が「殺したがって」死刑制度にしがみついているのではありません。

瀬戸内氏が、被害者(被害者家族のことですよね。被害者は死んでいるのだから)を「バカども」と呼んだつもりがないということは、そうなんだろうな、と私も思います。

問題はここにあります。瀬戸内氏と「言葉に敏感な弁護士たち」は被害者家族のことが視野に入っていなかったのです。だからああいう発言が出てきたのでしょう。

瀬戸内氏たちは、社会をより良い(と当人が信じる)ものにするために、死刑廃止提案をしているのではなく、政府を批判する材料にしているとしか思えません。少なくとも政府批判が先行しているのは確かです。だから、被害者家族のことが眼中に入ってこないのです。

作家で僧侶なら、反政府のアジメッセージを流すのではなく、死刑制度に賛成している市井の人たちに向けた言葉を発するべきではないでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle