【時事問題】東京五輪ボート競技の韓国での開催案

東京五輪のボート競技会場を、建設費用の面から東京から宮城県や埼玉県に移そうという案が検討されています。そんな中で、韓国の既存の競技場を使ってはどうかという案がIOCの関係者から出された、とマスコミが報じています。

テレビを観ていますと、これは、ゴタゴタしているなら韓国にもっていっちゃうぞ、というIOCの威嚇ではないか、という意見が聞こえてきました。

しかし、遠い韓国でやっていいくらいなら、埼玉や宮城でも構わないことになりますので、当初の東京案を押す理由としては逆効果です。

むしろ、韓国で行われる冬季五輪の一部競技を日本に移動させるための餌として持ち出されたのではないかと疑います。東京五輪のボート競技が韓国で開催されれば、冬季五輪のそり競技を日本に持っていくことを韓国が受け入れやすくなるという計算があるのかもしれません。

それはともかく、この案が伝わった時の、日本人のさめざめとした反応が興味深いです。テレビ局が、韓流韓流と煽っていた時代であれば、コメンテイターが韓国移設案に賛成し、反対者は差別主義者であるかのように扱われたことでしょう。

日本の空気はかなり変わったようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle