【ウルトラマン】第二十四話:「海底科学基地」

グビラ登場

海底に建設された科学実験基地が事故にあいます。事故の原因は怪獣グビラなのですが、フジ隊員の失敗ではないかと思われたために、ひどく落ち込んでしまいます。

海底の基地に閉じ込められた人たちがどうやって脱出するか、という話ですので、いわゆるパニック映画の構造です。

最後は、ウルトラマンがグビラを倒して終わりですが、舞台を地上に移したのは勿体ないように思います。いままでウルトラマンの戦いは地上と空中だけでした。折角だから海中で雌雄を決してもらいたかったです。

スペシウム光線でグビラにとどめをさしました。ケムラーにスペシウム光線が通じなかったのをきっかけにしてか、前々回のテレスドンと前回のジャミラにはスペシウム光線を使いませんでした。以前にもアントラーにスペシウム光線が通じなかった後、しばらく封印していました。おなじようなパターンが見て取れます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle