【朝日新聞】朝日新聞による「反・憲法押しつけ論」

11月4日朝日新聞朝刊。「憲法を考える押しつけって何?」の一回目「生い立ち様々、各国で知恵」より

 「日本の憲法の際だった特徴は(70年間一度も改正されなかった)長い耐用年数で、私たちに押しつけ憲法の概念の見直しを促している」。部会の責任者、ギリシャのパンテイオン大のクセノホン・コンティアード教授(憲法学)は「押しつけ憲法」をテーマに選んだ理由をこう説明する。
 「押しつけかそうでないかという二分論は、日本の憲法への理解を妨げてしまう。大切なのは、日本の例から憲法への信頼を醸成したのは何かを探ることだ」
 「押しつけ」という意味では、明治時代につくられた憲法もそうだったと長谷部恭男・早大教授は言う。「天皇主権を定めた大日本帝国憲法は、本来憲法をつくる権力を持つ、主権者たる国民に明治政府が押しつけたものだ」。長谷部氏は今春発表した論文で、大日本帝国憲法の核心である君主制原理が、19世紀のドイツ連邦の国々の憲法をまねたものだと明らかにした。
 天皇について定めた第4条はバイエルンとビュルテンベルク両憲法の規定を下書きにし、さらにこれらの憲法は、ナポレオン退位後にできた欽定憲法「フランス1814年シャルト」がモデルとなっている。
 「大日本帝国憲法は日本固有の価値観を表したものという見方があるが、要は、『コピー・アンド・ペースト』です」と長谷部氏。
 目を転じれば、米国では、奴隷制廃止を掲げた憲法修正13条を南北戦争で敗北した南部に押しつけ、国のかたちをつくった。冷戦終結後、次々と新憲法を制定した東欧諸国は、人権尊重や権力分立、法の支配という西欧立憲主義の伝統を進んでコピペし、西側諸国の仲間入りを果たした。
(略)
 (編集委員・豊秀一)


クセノホン・コンティアード教授の言うことは分からないでもありません。占領中に押しつけられたのは事実なのに、70年間改正されずにいるというのは不思議なことで、そこに何があるのかという疑問は当然です。

しかし、それ以降の記事には論理のごまかしがあります。

大日本帝国憲法が政府の「押し付け」だ、というのは事実ですが、どこの憲法だって政府が「押し付け」ています。明治憲法に限ったことではありません。国民全員で憲法を話し合って決めて例があるとは思えません。しかし、外国の占領軍に「押し付け」られたのと、自国民に「押しつけ」られたのは意味が違います。

憲法を制定するのに外国の例を参考にすること(コピペすること)と、「押しつけ」論は無関係です。

意図的なのか無意識なのかは知りませんが、外国占領軍に強制された憲法を有難がるのはおかしいのではないか、という素朴な疑問に真正面から向き合う議論ではありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle