【ウルトラマン】第二十八話:「人間標本5・6」

ダダ登場

ダダというのは、普通に考えればダダ星人ということなのかもしれませんが、なぜか“星人”のくくりには入れられていません。青い目と白い目と赤い目の三体が地球に侵入していたのかと思えば、実はこの三体は一つの存在みたいで、宇宙人というより怪人と呼ぶべきなので、単に“ダダ”なのかもしれません。

ダダといえば、第一次世界大戦中から欧米で起きた芸術運動で、ダダイズムとも言いますが。“ダダ”という言葉自体が辞書から適当に選んだといわれるくらい、既成の概念に挑戦した芸術運動で、現代芸術全般に言えることですが、一般人の常識を超えたものです。

十中八九、怪人ダダは、この芸術運動から名前をもらったと思います。名前だけでなく、普通人の理解が及ばない存在、というところも拝借したのでしょう。

今回、ウルトラマンは何人のダダをやっつければいいのか分からなかったためか、時間配分に苦労し、胸のタイマーが結構ピンチでした。

ところで、話の冒頭から、いわくありげな女の人が出ていました。定石通り悪い人か、あるいは裏をかいて良い人か、と思っていたら、大した意味のない登場人物でした。これもダダイズム?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle