【時事問題】ロシアとCIAのどちらを信じるべきか?

米大統領選でトランプ候補を当選させるために、ロシアがクリントン陣営や米民主党にサイバー攻撃を行い大量のメールがウィキリークスに暴露された証拠があると、CIAが結論を出した、とのことです。

トランプ氏がロシアにとって好ましいのかどうかわかりませんが、ロシアがそう考えてサイバー攻撃を仕掛けた可能性はあります。なにしろロシアですから。(←ヘイトスピーチ?)

しかし、それを発表したのがCIAということにも留意すべきです。ハリウッド映画では正義の味方みたいな扱いが多いですが、要するにスパイ組織です。嘘くらい平気で吐くに決まってます。

どうせロシアは認めないでしょうし、CIAも具体的な証拠を提示することはないでしょう。そして、トランプ氏が大統領になったら、追求もうやむやに終わることでしょう。

もはや犯人は誰か、と追及するより、二度と侵入されないような防犯対策を徹底することこそが重要です。

ところで、日本は大丈夫なのでしょうか?

日本の政治家たちがクリントン陣営よりも堅牢なセキュリティー対策をしているとはとても思えないのですが・・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle