【アニメ】船を編む

原作は未読。実写映画は、劇場ではありませんが、観たことがあります。

一般小説枠ということになるのだと思います。一般小説枠のアニメ化だと、おうおうにして、“なんでアニメにするの?”という疑問が沸くことがありますが、本作では強烈に感じます。アニメーション的な表現は、おまけにつけたコーナー以外は、辞書から文字が浮き上がって乱舞する、というぐらいで、特筆するような表現とは思えません。

アニメファン=“おたく”ではありませんが、アニメファンの中には偏執的に何か一つに関心を集中させる傾向の人が多く見られます。また、他者とのコミニケーションが得意でない、というのもアニメファンの傾向です。

その意味で、この作品の主人公との共通点が多くみられます。それが、この原作をアニメ化した背景にあったのではないかと想像しました。

特別な盛り上がりもありませんし、どんでんがえしもありません。終始たんたんと進みます。しかし、飽きるとか退屈するとかいうこともありません。よく出来た作品だと思います。

不満を言えば、作中の時間経過が分かりにくかったことぐらいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle