【映画】ポッピンQ

東映アニメーション60周年記念作品です。

対象年齢が不明です。人物のキャラクターデザインは中高生以上のアニメファンに受けそうですが、マスコット(ポッピン族)のデザインはキッズ向けに見えます。予告映像もどちらの方を向いているかよくわかりませんでした。

結論は、すべての層を対象にしているみたいです。大人の鑑賞にも堪えられますし、子供が観ても楽しいと思います。

ただし、大人が童心に帰って楽しめるという意味で、真面目に真正面から論評するような内容ではありません。いけない、という意味ではありません。純粋に、そういう内容でした、という意味です。

見どころはダンスシーンで、これはなかなか見ごたえがありました。もっともなんでダンスをするのかという説明が希薄です。とにかくダンスをさせたかったみたいです。

エンドロールの後、後日談というより次回の予告みたいなのが流れます。本編は、一言で言えば教訓話なので、続編を作るのには向いていないはずです。悩みを抱えていた若者が教訓を受け取って成長したはずなのに、また同じようなことを続けるのはストーリー上、不自然です。企画が定まっていなかったのでは、と疑います。

劇場では予告を観たのですが、テレビコマーシャルは記憶にありません。宣伝が足りなかったのか、お客の入りが悪かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle