【朝日新聞】社説:韓国との外交 性急な対抗より熟考を

1月7日朝日新聞社説「韓国との外交 性急な対抗より熟考を」です。

政府が、駐韓大使と在釜山総領事を一時帰国させると決めた。釜山の総領事館前に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置という。
 そのほかにも、緊急時にドルなどを融通しあう日韓通貨スワップの協議の中断や、ハイレベル経済協議の延期、釜山総領事館職員の地元行事への参加見合わせも発表した。
 少女像問題の改善へ向けて、韓国政府は速やかに有効な対応策に着手すべきである。日本政府が善処を求める意思表示をするのも当然だ。
 しかし、ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている。過剰な反発はむしろ関係悪化の悪循環を招くだろう。日本政府はもっと適切な外交措置を熟考すべきである。
 日韓政府間ではこれまでも、歴史認識問題のために関係全体が滞る事態に陥った。
 だからこそ、歴史などの政治の問題と、経済や文化など他の分野の協力とは切り離して考えるべきだ――。そう訴えてきたのは、当の日本政府である。
(略)


朝日新聞とは違う意味ですが、慰安婦像設置を理由としたスワップ協議の中断には疑問があります。これでは、仮に韓国が像を撤去したら、スワップ締結が義務になってしまいます。

慰安婦問題で一応の妥結がなったとはいえ、第三国にまで行って日本の悪口雑言を吐いてきた国です。ほこをおさめたとしても、もう友人にはなれません。

このタイミングでスワップ締結などしたら、よその国から、日本にはどんな非礼な態度をとっても許されるのだ、と解されかねません。

韓国が約束をすべて実行したとしても、スワップなど締結するべきではない、と考えます。

もしかして、国民に知らされていないだけで、慰安婦問題の合意に、スワップ締結も含まれていたのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle