【朝日新聞】教師は本当に忙しいのか?

1月15日朝日新聞朝刊。「先生の7割、週60時間超勤務 小中4500人対象、他業種上回る 連合総研調査」より

 週に60時間以上働く小中学校の先生の割合が70~80%に上ることが、全国の公立小中学校の教諭約4500人を対象にした連合のシンクタンク「連合総研」の調査でわかった。医師や建設業、製造業など他業種より格段に高い割合だ。特に運動部の顧問の先生は出勤が早く、午前7時前に出勤する人が15%いた。文部科学省も学校現場の負担減へ対策に乗り出している。
 調査は2015年12月、労働組合に入っているかに関係なく、公立小学校教諭2835人、中学校教諭の1700人を対象に実施。小学校1903人(回収率67%)、中学校1094人(同64%)が回答した。
 調査では、週あたりの労働時間を20時間未満から60時間以上まで5段階に分けた。小学校教諭で週60時間以上働いている割合は73%、中学校は87%。小中とも50時間未満の教諭はいなかった。単純には比較できないが、11年に労働政策研究・研修機構が調べた医師の40%を上回ったほか、連合総研が16年に調査した建設業の13・7%、製造業の9・2%、運輸・情報通信業の9・0%を上回っている。特に中学の運動部顧問の場合、午前7時以前に出勤する教諭が15%、午後9時以降に退勤する人は22%に上った。
 最も負担に感じている仕事は、小中とも「保護者・地域からの要望・苦情への対応」(小84%、中82%)で、国や教育委員会からのアンケート(小83%、中80%)が続いた。
 調査を分析した油布(ゆふ)佐和子・早稲田大大学院教授(教師論)は「『子どものために』という先生たちの善意が長時間労働をもたらし、自身の首を絞めている。私生活を犠牲にし、自ら学ぶ時間もないため、結局は教育の質の低下につながるだろう」と指摘する。
 松野博一文部科学相は6日、業務改善の重点モデル地域を指定する▽部活動に休養日を設けるなど負担を減らす▽業務改善を助言するアドバイザーを派遣する――などの負担軽減策を打ち出している。


学校の先生が忙しい、という最近のキャンペーン(?)に即した記事です。

この話が出るたびに不可解に思います。労働者がどれだけ忙しいのかを測るのは、普通は年間労働時間です。なぜなら労働時間は季節によって変動があるからです。特に、教員は、夏休み・冬休み・春休みといった、普通の労働者にはなない制度のある職場なのですから、年間労働時間で比較しなければなりません。

余談ですが、異常な超過時間勤務の実態を見るためには、一月あたりの勤務時間(あるいは残業時間)が基本になります。年間でならすと、見えにくくなるからです。勤務時間でも残業時間でも構わないのは、普通の労働者では標準労働時間はさほどの違いがないからです。

教員が、他の職種と比べて本当に忙しいのかどうかは知りませんが、毎回不自然な統計数値を出されると、眉に唾をつけたくなります。

なお、記事中もっとも面白かったのは、負担に感じている仕事の二番手に「国や教育委員会からのアンケート」があることです。

“アンケートの回答ってそんなに大変なの?”と思いますし、あくまでも「国や教育委員会からの」と限定しているところも笑えます。

連合からの、このアンケートは負担じゃないのですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めてコメントさせていただきます。
毎度、新聞や週刊誌の記事の読み方を教えていただいている気持ちになるので、多くの人がこのブログを見たらいいのになぁって思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ビリキナータさん
コメントありがとうございます。
お褒めにあずかり恐縮です。
今後も頑張ります。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle