【テレビ】クローズアップ現代+「韓国 過熱する“少女像”問題」

1月24日のNHKの「クローズアップ現代+」のテーマは「韓国 過熱する“少女像”問題 ~初めて語った元慰安婦~」

大使の一時帰国にまでエスカレートした韓国の“少女像”問題です。

元慰安婦とその家族が、顔を隠してインタビューに応じています。

少女像の設置で過熱する世論に違和感があり、そっとしておいて欲しいし、渡されたお金は返したくない、という意見でした。

もちろんすべての元慰安婦にインタビューしたわけではありませんので、番組で紹介された声が元慰安婦を代表する意見とはいえません。しかし、当事者と韓国世論に乖離があることはうかがわせます。

少女像を設置した学生グループの中心人物(女性)の話。「日韓合意に成果があったとは思えません。被害者に日本政府に金や慰めを求めているのではなく、この問題の事実を歴史的・法的に認めることを求めています」

番組で紹介された、韓国の世論調査の結果です。合意直後の2015年12月には、合意を悪かったとしているのが50.7%。よかったという意見が43.2%でした。それが2016年12月になると、日韓合意を破棄すべきというのが59.0%。維持すべきというのが25.5%になっています。

なお、NHKによる日本人へのアンケートでは、長嶺大使らの一時帰国という政府の対応について、評価するが50%、評価しないが9%、どちらとも言えないが32%となっています。

番組に寄せられた意見です。

元慰安婦の方々の気持ちを最優先にして考えるべき。対立しているだけでは何も解決しない(20代女性)

国家レベルで一度解決したことを何度も蒸し返す気持ちが理解できない(60代男性)

慰安婦問題があったことは事実。日韓両国が共同して解決していかなければならない(10代男性)

当事者である元慰安婦の方、一人ひとりの気持ちが知りたい(30代男性)

慰安婦問題を政治利用しないでほしい(50代男性)

韓国側の政権混乱による対応の不備、自分勝手な行動が問題(50代男性)

日韓合意を速やかに進めてほしい(40代女性)

大使館の近隣には設置しないという国際ルールを韓国が無視していることは明確に抗議すべき(50代男性)

韓国は大好きな国。友好的な関係になれるよう問題解決を切に願います(40代女性)



■感想
両国とも国民世論は厳しく、当面の間、妥協は難しいように思いました。もっとも韓国が新政権になったらもっと難しくなるかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle