【ウルトラセブン】第七話:「宇宙囚人303」

キュラソ星人が登場します。

これは宇宙人の侵略ものではありません。キュラソ星の囚人が地球に逃亡します。きっとキュラソ星での相当の悪事を働いたであろうこの脱獄囚は地球でも大暴れをします。ウルトラホーク1号のベータ号を乗っ取りどこかに逃亡をはかりますが、アルファ号とガンマ号の強制ドッキングという奇策でそれも失敗します。

ガソリンをがぶ飲みするというキュラソ星人の習慣なのか、この脱獄囚だけの嗜好なのかわかりませんが、このせいで、火につつまれて一巻の終わりです。

ウルトラセブンは登場しますが、申し訳程度に出てきただけです。

この回は、ウルトラセブンの活躍よりも、ウルトラホーク1号のアクションシーンに重点を置いたみたいでした。

囚人の逃亡を通知してきたキュラソ星とは友好関係を結べましたが、その後の回での登場はなかったと思います。実際問題、あの通知がなくても地球は何者かの潜入には気付いてましたし、退治するのに特別役に立つ情報提供があったわけではありません。こんなに存在感がなくていいのか、と思うほどです。

今、リメイクするとしたら、囚人303を追ってキュラソ星から刑事も地球にやってきて、はじめは誤解があるもののウルトラ警備隊と協力して囚人を確保し、キュラソ星の刑事はかっこよく地球を去っていく、とかになるのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle