【時事問題】安倍首相の「おべっか」

2月12日朝日新聞が、安倍首相の訪米を、一部の米メディアが否定的に報じたことを伝えています。

(略)
 ただ、こうした首相の姿勢を、一部の米メディアは冷ややかに報じた。
 NBCニュースの政治担当ディレクター、チャック・トッド氏はツイッターで「メイ英首相よりもさらに、日本の安倍首相はトランプ大統領に取り入ろうとしている」と投稿。米タイム誌(電子版)は「日本の首相は大統領の心をつかむ方法を示した。お世辞だ」と題した記事で「首相は記者会見で大げさに大統領をほめた」などと皮肉った。ニュース専門局MSNBCのアナリスト、デビッド・コーン氏もツイッターで「こんなに大統領におべっかを使う外国の首脳は見たことがない」と述べている。
(略)


首脳が訪問しあうのは基本的には友好だからなので、記者会見ではお互いを褒めあうのが普通のように考えていました。

日本の首相が訪米時にどういう態度を示したかをつぶさに承知しているわけではありませんが、今回の安倍首相が、これまでよりも「取り入ろう」とか、「お世辞」を言ったようには感じていません。

しかし、一部とはいえ、米国のジャーナリストがそう主張している以上、今回の態度は異例なのかもしれません。

しかし、しかし、一部の米国のジャーナリストはトランプ大統領と険悪です。もしかしたら、トランプ大統領を持ち上げた安倍首相が憎くてこんなことを書いているのかもしれません。

なにが正しいのか簡単にはわかりません。

その原因の一つは、米マスコミとトランプ大統領の関係が悪いことにあります。いよいよ、マスコミ報道をよく吟味して受け止める必要がある時代になったのだなと感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

米マスコミはトランプ大統領が嫌い。トランプ大統領と親密にしようとする安倍首相も嫌い。という事でしょうか?マスコミが自分の思う様に世の中が動かないといちゃもんを付ける、そんな事なのでしょう。マスコミを信じないでSNSで大統領選を戦ったトランプ大統領の考え方がわかります。

Re: No title

間取作造さま
コメントありがとうございます。
今後、日本でも同じようにマスコミを無視する政治家が現れるかもしれませんね。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle