【ウルトラマン】第三十八話:「宇宙船救助命令」

サイゴ、キーラ登場。

舞台は「きゅう星」。「旧星」なのか「Q星」なのかよくわかりません。バルタン星人の二回目の登場のときも思いましたが、「ウルトラマン」シリーズでは、太陽系の地理関係があやふやです。当時の一般人の太陽系の知識が、今ほどの水準ではなかったのかもしれません。

登場するのは二体の怪獣。このシリーズもクライマックスに向けて、豪華になってきている感じです。

科特隊も次々と新兵器を繰り出してきますし、怪獣側もどんどん強くなってきています。今回登場のキーラは、スペシウム光線も効きませんし、八つ裂き光輪もはね返すほどです。

ところで、今回はいままでとは違い、科特隊がよその星にやって来て、その星の怪獣を倒しています。科特隊が出かけてのは、キーラが能力で宇宙船のヒューズを焼ききったのが理由ですが、意図的な攻撃ではありません。それの、さらにおおもとを辿れば、人類が「きゅう星」にちょっかいかけたことが全ての始まりです。

人類の敵ではない怪獣を殺してしまった、という意味で画期的な回だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle