【朝日新聞】「強制送還 メキシコ標的」

2月23日朝日新聞の2面。「強制送還 メキシコ標的」という記事より。

(略)
国内に約1100万人いるとされる不法移民のうち、メキシコ人は約585万人とされる。米入管当局によると昨年、米国から強制送還された不法移民は約24万人だ。そもそも不法滞在者のうち、40%は観光ビザなどで合法的に入国後、超過滞在している人たちだとされる。指針(引用者注:21日にうちだされたトランプ政権の不法移民対策。メキシコからの不法移民を狙い撃ちにしたもの、とされる)の効果がすぐに治安改善や雇用に結びつくかは分からない。
(略)
米国と国境を接するメキシコ北部の町ティファナで21日、米国から強制送還された男性(44)が高架橋から飛び降りて自殺した。今後、強制送還される移民が急増すると、メキシコ側の失業者の増加や治安悪化にもつながりかねない。
(略)
(ワシントン=杉山正、渡辺丘)


確かに、不法移民を追い出したからといって、絶対に治安や雇用の改善になるとはいいきれません。

記事には「すぐに治安改善や雇用に結びつくかは分からない」と疑問を呈しているだけなので、間違いを書いているわけではありません。

不法移民が帰ってくると、雇用や治安が悪化する可能性は排除できません。

記事には「失業者の増加や治安悪化にもつながりかねない」と可能性を示唆しているだけなので、これまた間違いを書いているわけではありません。

しかし、この書き方は不公平です。同じ人間が米国にいる場合は、地元に無害な可能性を語り、メキシコにいる場合は、地元に害を及ぼす可能性を言いたてています。

こういう記事は問題があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle