【映画】クリミナル

出演:ケヴィン・コスナー、ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズ

出演陣の豪華さに目がくらみます。

表面的にはスパイアクションですが、死んだ人間の記憶を別の人間に植え付ける新技術の被検体にされた囚人(ケヴィン・コスナー)の物語です。部分的に記憶が再生され、ついには人格までも変わっていきます。

実験を強行したのがCIAロンドン市局長(ゲイリー・オールドマン)で、新技術を開発したのが脳外科医(トミー・リー・ジョーンズ)です。

ケヴィン・コスナーが演じる囚人は当初は人格が破綻していて、観客が感情移入することは無理です。平気で暴力をふるい、人を殺すことにためらいをみせません。よくこんな役を引き受けたなと思いますが、違和感がありません。役に溶け込んでいます。徐々に人格が侵食されていく(真人間に近づいていく)のを見事に演じています。

スパイアクションの方がおまけっぽい感じがしました。人格侵食のアイデアだけでは弱いと見て企画段階でてこ入れされたのかもしれません。

お薦めです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle