【ウルトラマン】第三十九話:「さらばウルトラマン」

ゼットン登場。

最終回です。

ゼットンは形態が宇宙人っぽいですが、怪獣という位置づけです。「ウルトラセブン」だったら宇宙人扱いされていたでしょう。

このゼットンによってウルトラマンがなすすべもなく敗北するという衝撃の回です。

そのゼットンは、最終回にむけて次々のハイテク兵器を導入してきた科特隊の手で退治されます。ウルトラマンはゼットンに負けたままですので、ヒーロー物語としてはおさまりの悪い形ですが、ウルトラマンがいなくなっても地球人の手によって地球の平和は保たれる、ということを示しているのでしょう。

ウルトラマンの敗北後、すぐに仲間(ゾフィー)が迎えにきました。相次ぐ闘いでウルトラマンがボロボロなのを知っていたようですが、タイミングが良すぎます。ゼットン星人の地球侵攻に気付いてM78星雲を出発したのかもしれません。そうなると、ゾフィーはウルトラマンはゼットンに勝てないと見ていた(正しいのですが)ことになります。

あるいは、ゾフィーは宇宙空間を瞬間移動してのかもしれません。帰路は予備の命を与えたウルトラマンと一緒に宇宙を飛んでいましたが、これはウルトラマンには瞬間移動の能力がないからだと解釈できます。

ウルトラマンと分離したハヤタは放送一回目の事件から記憶が飛んでいるようです。もともとウルトラマンに意識を支配されていたため記憶を持っていないのか、ウルトラマンと分離する際に記憶を持っていかれたのかは分かりません。

どちらが真実にせよ、一回目の事件と最終回がつながるという構成は子供心にも感動した覚えがあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle