【アニメ】昭和元禄落語心中 助六再び篇

「昭和元禄落語心中」の二期です。一期は観ていました。原作は未読です。

間が空いたせいなのか、一期を観たほどの感動が薄まった気がします。

話が“現在”に移ったことで、主要登場人物の交代がありました。これらのキャラクターにもうひとつ馴染めないというのもあります。特に重要な役回りである小夏(二代目助六の娘)のひととなりがまるで駄目です。“人間それじゃいかんでしょ”と言いたくなります。

単に駄目な人間というならそれでも構いません。駄目な人間というのは世の中にいっぱいいるのですから、物語の中できちんと位置づけされていれば問題ありません。しかし、それを超えて、性格付けとして不自然に見えるのは致命的です。

一期が面白かっただけに残念です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle