【アニメ】鬼平

池波正太郎原作。一般小説枠(本当は「枠」なんてないけど)のアニメです。

原作は未読。実写のテレビドラマも観たことはありません。

それなりに楽しんで全部観ましたが、ここまで来ると、“なぜアニメーションで表現したのか”と考え込みます。

現在放映中の「有頂天家族」も一般小説枠ですが、アニメーションで表現する必然性を感じます。実写でもできるのでしょうが、かなり違った印象になるでしょう。

時代劇のアニメーションといえば、山田風太郎の「甲賀忍法帖」をアニメ化した「バジリスク」があります。これもアニメーションならではの表現がありました。

しかし「鬼平」にはアニメする必然性が見えません。

“必然性がなければアニメにしてはいけないのか”と言われると、反論につまります。しかし、釈然としない印象をもったことは否めません。

スポンサーに時代劇専門の有料チャンネルがついているところから、若者に媚びているのでは、とつい疑ってしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle