【朝日新聞】民進党が駄目な理由

4月19日朝日新聞朝刊。『操られる「責任野党」』より

(略)
責任野党という言葉を日本政治で最初に掲げたのは旧社会党から1960年に分裂した旧民社党。歴代自民党政権に対して是々非々の立場を強調していたが、自民の補完勢力と受け止められる局面が多かった。
 旧民社の流れをくむ民進党も、野党分断を図る首相の言葉に過剰反応し、自らパノプティコンにはまっている。昨年9月に代表に就任した蓮舫氏が掲げた「提案路線」がその典型例だ。
 現実には提案よりも、政権を追及する仕事に徹せざるを得ないのが野党だ。そうなると首相からは「批判に明け暮れていれば、中身のある議論が行えない」と言われ、ネットでも「提案路線はどうなったのか」と指摘される。まさに隘路(あいろ)に迷い込んでいるのだ。
 奥野総一郎衆院議員は昨年の衆院予算委で、高市早苗総務相の電波停止発言が、メディアへの強権的姿勢という政権の本質をはらむ問題と考えて質問した。だが世論の反応は鈍く、手応えは芳しくなかった。
 「対案を出しても実現しない。批判しても世論を味方に付けられない。政治家としてつらい。野党の存在意義って何だろう。なんとなく、八方ふさがり」

 ◆パノプティコン もともとは監視者がいてもいなくても囚人が監視を意識する監獄施設のこと。転じて20世紀にフランスの哲学者フーコーが、権力による社会の管理・統制システムの概念として用いた。


民進党がいま一つさえない理由が分かりました。

野党にも二種類あります。政権交代を目標とする政党と、少数だけど確固とした支持者にささえられ与党に対するチェックをもっぱらとし政権につくとしても連立が前提となる政党の二つです。

後者の例だと日本共産党がそれに当たります。政権をとる気はないように見えますが、それはそれで存在意義があります。ときどきですが良いことも言いますし。

政権から転落してからの民主党とそれに続く民進党の分からないのは、二つのうちどちらを目指しているのかはっきりしない点です。

与党に三分の二をとらせないという目標は、日本共産党型の野党のあり方です。「提案路線」というのは政権奪取型の野党のあり方です。

どっちだか分からないから、やることに一貫性が見えません。

野党なのですから「対案を出しても実現しない」のは当たり前です。対案を示すことで次の選挙で支持を集めるのが目的なのです。政権をとりたいのであれば、実現しなくても対案を出し続けなければなりません。

「批判しても世論を味方につけられない」のは、批判の中身が薄い(又は、ない)からです。与党を厳しく批判したいのであれば、世論が味方になるような中身のある批判をしなければなりません。

どちらの型の政党を目指すのか、という目標が定まっていませんし、その目標を達成するための戦略もありません。だから駄目なのだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle