【映画】ゴースト・イン・ザ・シェル

主演:スカーレット・ヨハンソン

字幕版で観ました。

「攻殻機動隊」の米国での実写映画です。

このコンテンツは海外でも人気がありますが、特に、日本でカルト的な人気があって、ややファナチックなファンが多いようです。昔、日本の「攻殻機動隊」が好きだというアイドル女優が“実写化したら主役をやりたい”と、発言したところ、一部の狂的なファンの批判を浴び、謝罪に追い込まれたことがありました。好きなコンテンツの主役を演じたい、という発言のどこに問題があるのか私にはさっぱり分かりませんが、のファナチックな人たちとはお近づきになりたくないものだ、と思ったものです。

そうしたファン状況のため、この映画にも批判の嵐が吹き荒れているようです。

冷静に評価してみます。

映像には結構な予算をつぎ込んでいるようで、しょぼいところはありませんで。光学迷彩の実写も見ごたえがありました。都市風景は、「ブレードランナー」を思い出させますが、かなり凝ったものです。

ヒロインの名前を洋風に変えていたのが残念だったのですが、中盤から終盤にかけてそれが伏線になっていました。ここら辺は、実写オリジナルを入れながら、原作への愛も感じられて嬉しかったです。

ヒロインがちょっと太り気味の体形で、これには違和感がありました。アクションをこなすにはガッチリとした体つきであるべき、という思い込みがあったのでしょうか。

ストーリーはもう少しオリジナリティーを出した方がよかったのではないかと思いますが、全体的にはそう悪い出来ではありませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

攻殻機動隊を知らないのですが予告だけ観て気になってました。
逆になにも知らない人であれば楽しめそうな感じなのですね。参考になりました。

Re: No title

ワレモノ様
予備知識なしでも観られると思います。
参考になったとすれば幸いです。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle