【世論調査】朝日新聞(憲法記念日)

5月2日朝日新聞朝刊に世論調査の結果が発表されました。憲法記念日特集です。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。特に断りがない限り、回答は選択肢から一つ選ぶ方式)

◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する 55
支持しない 35

◆次にあげる安倍内閣の政策の中で、評価する政策にいくつでもマルをつけてください。
景気・雇用34
社会保障・福祉18
消費税16
財政再建9
TPP(環太平洋経済連携協定)11
震災復興22
原子力発電・エネルギー5
教育・子育て15
外交38
安全保障24
憲法9

◆次にあげる安倍内閣の政策の中で、評価しない政策にいくつでもマルをつけてください。
景気・雇用30
社会保障・福祉34
消費税33
財政再建24
TPP(環太平洋経済連携協定)19
震災復興23
原子力発電・エネルギー40
教育・子育て26
外交15
安全保障23
憲法29

◆いま、どの政党を支持していますか。
自民38
民進7
公明4
共産4
日本維新の会3
自由1
社民1
日本のこころ0
その他の政党0
支持する政党はない40
答えない・わからない2

◆以下の各項目について、1と7のどちらに考えが近いですか。中間を4として、1から7の間で当てはまる気持ちの強さに一つだけマルをつけてください。

・個人の権利と公の秩序、優先すべきは
 (1)個人の権利5 (2)7 (3)13 (4)中間45 (5)19 (6)7 (7)公の秩序3

・日本の伝統や文化に誇りを持つことは
 (1)個人の自由7 (2)6 (3)10 (4)中間21 (5)26 (6)18 (7)学校で指導するべきだ11

・家族の結びつきを重視することは
 (1)個人の自由9 (2)8 (3)12 (4)中間25 (5)18 (6)15 (7)国や社会のために大切だ12

◆日本の憲法が施行されて、今年の5月3日で70年を迎えます。いまの憲法があったことが、日本にとってよかったと思いますか。
 よかった 89
よくなかった 3

◆ふだん家庭や職場などで憲法について話をすることがありますか。
 よくある2
 ときどきある25
 ほとんどない46
 まったくない24

◆以下は、憲法第9条の条文です。(憲法9条条文は省略)憲法第9条を変えるほうがよいと思いますか。変えないほうがよいと思いますか。
 変えるほうがよい29
 変えないほうがよい63

◇(「変えるほうがよい」と答えた29%の人に)それはどうしてですか。
 国際平和に、より貢献すべきだから24〈7〉
 今の自衛隊の存在を明記すべきだから35〈10〉
 日米同盟の強化や東アジア情勢の安定につながるから32〈9〉

◇(「変えないほうがよい」と答えた63%の人に)それはどうしてですか。
 戦争を放棄し、戦力を持たないとうたっているから54〈34〉
 今のままでも自衛隊が活動できるから29〈18〉
 変えると東アジア情勢が不安定になるから12〈8〉

◆集団的自衛権を使えるようにしたり、自衛隊の海外活動を広げたりする安全保障関連法に、賛成ですか。反対ですか。
 賛成 41
反対 47

◆安全保障関連法が、憲法に違反していると思いますか。憲法に違反していないと思いますか。
 違反している40
 違反していない41

◆自衛隊が海外で活動してよいと思うことに、いくつでもマルをつけてください。
 災害にあった国の人を救助する92
 危険な目にあっている日本人を移送する77
 国連の平和維持活動に参加する62
 重要な海上交通路で機雷を除去する39
 国連職員や他国軍の兵士らが武装勢力に襲われた際、武器を使って助ける18
 アメリカ軍に武器や燃料などを補給する15
 アメリカ軍と一緒に前線で戦う4

◆中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発など、最近の日本周辺の安全保障をめぐる環境について、どの程度不安を感じますか。
 大いに感じる58
 ある程度感じる35
 あまり感じない4
 まったく感じない0

◆安全保障分野における日米関係についてうかがいます。アメリカがトランプ政権になったことで、日本の安全保障にどんな影響が出ると思いますか。
 よい影響6
 悪い影響49
 影響はない31

◆日米安保条約をこれからも維持していくことに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 80
反対 9

◇(「賛成」と答えた80%の人に)では、日米安保体制における自衛隊の活動は、今後どうあるべきだと思いますか。
 今より拡大すべきだ18〈15〉
 今のままでよい72〈58〉
 今より縮小すべきだ8〈7〉

◆日本政府によると、2015年度のアメリカ軍の駐留経費のうち、約86%にあたる1910億円を日本が負担しています。この日本の負担割合についてどう思いますか。
 妥当だ25
 多すぎる67
 少なすぎる0

◆安全保障分野において、日本政府はアメリカに対して、日本の立場や考え方をどの程度主張していると思いますか。
 大いに主張している3
 ある程度主張している34
 あまり主張していない50
 まったく主張していない8

◆いまの日本の憲法は、全体として、よい憲法だと思いますか。そうは思いませんか。
 よい憲法66
 そうは思わない21

◆いまの憲法を変える必要があると思いますか。変える必要はないと思いますか。
 変える必要がある41
 変える必要はない50

◇(「変える必要がある」と答えた41%の人に)変える必要があると思う気持ちの強さはどの程度ですか。
 とても強い12〈5〉
 やや強い47〈19〉
 それほど強くない36〈15〉

◇(「変える必要がある」と答えた41%の人に)特に変える必要があると思う分野はどれですか。いくつでもマルをつけてください。
 前文7〈3〉
天皇36〈14〉
平和主義28〈11〉
国民の権利や義務22〈9〉
国会の仕組み37〈15〉
内閣の仕組み28〈11〉
司法制度18〈7〉
財政19〈8〉
地方自治20〈8〉
憲法改正の手続き26〈10〉
政治家、公務員の憲法順守義務24〈10〉

◇(「変える必要はない」と答えた50%の人に)変える必要がないと思う気持ちの強さはどの程度ですか。
 とても強い16〈8〉
 やや強い38〈19〉
 それほど強くない43〈21〉

◇(「変える必要はない」と答えた50%の人に)いまの憲法の中で特に大切だと思う分野はどれですか。いくつでもマルをつけてください。
 前文17〈9〉
天皇28〈14〉
平和主義82〈41〉
国民の権利や義務61〈31〉
国会の仕組み12〈6〉
内閣の仕組み9〈5〉
司法制度19〈9〉
財政12〈6〉
地方自治15〈8〉
憲法改正の手続き10〈5〉
政治家、公務員の憲法順守義務21〈10〉

◆憲法とは、国家の権力を制限するべきものだと思いますか。それとも、国民の権利を制限するべきものだと思いますか。
 国家の権力を制限するべきもの23
 どちらかといえば国家の権力を制限するべきもの46
 どちらかといえば国民の権利を制限するべきもの15
 国民の権利を制限するべきもの3

◆憲法改正の議論にどの程度関心がありますか。
 大いに関心がある12
 ある程度関心がある52
 あまり関心はない31
 まったく関心はない3

◆国会の憲法審査会では、憲法改正をめぐる議論が始まっています。憲法改正は優先的に取り組むべき課題だと思いますか。そうは思いませんか。
 優先的に取り組むべき課題だ33
 そうは思わない62

◆安倍首相は憲法改正を目指すことを明言しています。安倍政権のもとで憲法改正を実現することに、賛成ですか。反対ですか。
 賛成 38
反対 50

◆憲法を改正して、新しい条項や権利を新たに加えるべきだ、という意見がある一方で、いまの憲法を変えなくても十分対応できる、という意見もあります。以下の項目についてあなたの考えを選んでください。

・外国からの武力攻撃や大災害などの際に、内閣が法律に代わる緊急政令を出したり、国会議員の任期を延長したりするなど、国民の権利を一時的に制限できる「緊急事態条項」
 憲法を改正して新たに加えるべきだ28
 いまの憲法を変えずに対応すればよい59
 そもそも必要ない8

・国と国民が協力して環境保護につとめる「環境権」
 憲法を改正して新たに加えるべきだ29
 いまの憲法を変えずに対応すればよい64
 そもそも必要ない4

・高校や大学などの授業料の免除などを定めた「教育無償化」
 憲法を改正して新たに加えるべきだ31
 いまの憲法を変えずに対応すればよい53
 そもそも必要ない13

◆国会議員1人当たりの有権者数に差がある「一票の格差」が問題になっています。人口が少ない地域では国会議員の数を減らして「一票の格差」を是正するべきだと思いますか。それとも、一票の格差があっても、人口が少ない地域の国会議員の数を確保するべきだと思いますか。
 一票の格差を是正するべきだ50
 人口が少ない地域の国会議員の数を確保するべきだ43

◆男性どうし、女性どうしの結婚を、法律で認めるべきだと思いますか。認めるべきではないと思いますか。
 認めるべきだ49
 認めるべきではない39

◆法律を改正して、夫婦が、同じ名字でも、別々の名字でも、自由に選べるようにすることに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 58
反対 37

◆憲法で天皇は、「日本国の象徴」「国民統合の象徴」とされています。天皇の公務や継承のあり方について、考えに近いのは次のうちどれですか。
 時代にかかわらず同じ形を保つべきだ22
 時代に応じて変わっていくべきだ75

◆天皇が行う公のつとめには、憲法に定められた国会の召集など「国事行為」のほかに、各種行事の出席や被災地へのお見舞いなど「公的行為」もあります。こうした公的行為は、天皇が象徴としての役割を果たすため、どの程度重要だと思いますか。
 大いに重要だ22
 ある程度重要だ61
 あまり重要ではない13
 まったく重要ではない2

◆天皇の退位についてうかがいます。いまの天皇陛下だけが退位できるようにするのがよいと思いますか。今後のすべての天皇も退位できるようにするのがよいと思いますか。それとも、天皇は退位すべきではないと思いますか。
 いまの天皇陛下だけが退位できるようにする20
 今後のすべての天皇も退位できるようにする72
 天皇は退位すべきではない4

◆将来的に皇室が安定的に維持されることに、どの程度不安を感じますか。
 大いに感じる9
 ある程度感じる38
 あまり感じない41
 まったく感じない10

◆いまの皇室に関する法律の「皇室典範」により、天皇の位につくのは、男性に限られています。天皇は男性に限った方がよいと思いますか。それとも、皇室典範を改正して、女性も天皇になれるようにした方がよいと思いますか。
 男性に限った方がよい21
 女性もなれるようにした方がよい75

◆皇室典範により、天皇は、父方に天皇の血を引く、いわゆる「男系」に限られています。もし、女性天皇の子どもが天皇になるとしたら、歴史上初めて、母方だけに天皇の血を引く「女系」の天皇を認めることになります。これまでの「男系」を維持する方がよいと思いますか。それとも、「女系」を認めてもよいと思いますか。
 男系を維持する方がよい24
 女系を認めてもよい72

◆いまの皇室典範では、女性皇族は民間人と結婚すると、皇室を離れます。今後、結婚後も女性皇族が皇室にとどまる「女性宮家」を創設できるようにするべきだ、という意見があります。この考えに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 49
反対 40

◆終戦直後に皇室を離れて民間人となっている旧皇族が再び皇室に戻るようにするべきだ、という意見もあります。この考えに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 20
反対 67

◆皇室を安定的に維持するため、いまの天皇陛下の退位をめぐる議論にとどまらず、将来的な天皇の位の継承について、今後も議論を続けるべきだと思いますか。そうは思いませんか。
 議論を続けるべきだ74
 そうは思わない22

◆最近の社会で問題になっていることについてうかがいます。以下の質問について、1と7のどちらに考えが近いですか。中間を4として、1から7の間で当てはまる気持ちの強さに一つだけマルをつけてください。

・日本は難民や移民をもっと受け入れるべきだと思いますか。
 (1)思う3 (2)4 (3)11 (4)中間32 (5)16 (6)16 (7)思わない17

・国籍、人種、宗教が異なるひとが身近に生活することに抵抗を感じますか。
 (1)感じる8 (2)10 (3)18 (4)中間28 (5)15 (6)11 (7)感じない10

・学歴や収入の格差による社会的な分断が日本にあると思いますか。
 (1)ある27 (2)28 (3)25 (4)中間13 (5)4 (6)2 (7)ない1

・自国の利益の追求と、国際社会への貢献では、どちらがより大事だと思いますか。
 (1)自国の利益の追求7 (2)10 (3)24 (4)中間44 (5)9 (6)2 (7)国際社会への貢献2

・民主的に選ばれたリーダーの判断であれば、従うことは当然だと思いますか。
 (1)当然だ4 (2)7 (3)16 (4)中間30 (5)20 (6)12 (7)当然ではない10

・意見が対立する問題について、多数決で決めたことはいつも正しいと思いますか。
 (1)思う2 (2)2 (3)6 (4)中間21 (5)25 (6)20 (7)思わない23

・いまの社会では、少数意見が尊重されていると思いますか。
 (1)尊重されている1 (2)2 (3)6 (4)中間20 (5)24 (6)25 (7)尊重されていない20
     ◇

 〈調査方法〉 全国の有権者から3千人を選び、郵送法で実施した。対象者の選び方は、層化無作為2段抽出法。全国の縮図になるように336の投票区を選び、各投票区の選挙人名簿から平均9人を選んだ。3月15日に調査票を発送し、4月24日までに届いた返送総数は2077。無記入の多いものや対象者以外の人が回答したと明記されたものを除いた有効回答は2020で、回収率は67%。

 有効回答の男女比は男46%、女52%、無記入1%。年代別では18、19歳1%、20代8%、30代13%、40代16%、50代16%、60代22%、70代15%、80歳以上8%、無記入1%。


この調査が私のところに来たと仮定して回答してみます。

>◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持します。

>◆次にあげる安倍内閣の政策の中で、評価する政策にいくつでもマルをつけてください。
景気・雇用
外交
安全保障

>◆次にあげる安倍内閣の政策の中で、評価しない政策にいくつでもマルをつけてください。
消費税
財政再建

>◆いま、どの政党を支持していますか。
支持政党はありません。
自由がめずらしく0でないとおもったら、今回の調査方法にカラクリがありました。いつもは日本全国からランダムに選出しているのですが、今回は選挙区ごとに9人前後を選んでいます。つまり一票の重みの違いが出ています。

>◆以下の各項目について、1と7のどちらに考えが近いですか。中間を4として、1から7の間で当てはまる気持ちの強さに一つだけマルをつけてください。

>・個人の権利と公の秩序、優先すべきは
これが二者択一だとは思いません。強いて言えば個人の権利の方に重きを置きたいですので(2)あたりです。

>・日本の伝統や文化に誇りを持つことは
全くの個人の自由です。(1)です。仮に、学校で指導されたら日本の伝統文化が嫌いになったと思います。

>・家族の結びつきを重視することは
国や社会のために家族の結びつきがあるのではありません。比較すること自体ナンセンスです。個人の自由の(1)としか言いようがありません。

>◆日本の憲法が施行されて、今年の5月3日で70年を迎えます。いまの憲法があったことが、日本にとってよかったと思いますか。
こういうのは何と比較してよかったのか悪かったのかと訊かないと意味がありません。答えようのない質問です。質問文の中で憲法の素晴らしさを刷りこもうという意思を感じます。

>◆ふだん家庭や職場などで憲法について話をすることがありますか。
まったくありません。憲法について話をする職場というのは想像もつきません。労働組合の集会かなんかですか?

>◆以下は、憲法第9条の条文です。(憲法9条条文は省略)憲法第9条を変えるほうがよいと思いますか。変えないほうがよいと思いますか。
変えるほうがいいです。

>◇(「変えるほうがよい」と答えた29%の人に)それはどうしてですか。
自衛隊の存在を明記すべきです。今のままでは自衛隊は違憲としか思えません。

>◆集団的自衛権を使えるようにしたり、自衛隊の海外活動を広げたりする安全保障関連法に、賛成ですか。反対ですか。
賛成です。

>◆安全保障関連法が、憲法に違反していると思いますか。憲法に違反していないと思いますか。
違反しているとは思いません。

>◆自衛隊が海外で活動してよいと思うことに、いくつでもマルをつけてください。
 災害にあった国の人を救助する
 危険な目にあっている日本人を移送する
 国連の平和維持活動に参加する
 重要な海上交通路で機雷を除去する
 国連職員や他国軍の兵士らが武装勢力に襲われた際、武器を使って助ける

>◆中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発など、最近の日本周辺の安全保障をめぐる環境について、どの程度不安を感じますか。
大いに感じます。

>◆安全保障分野における日米関係についてうかがいます。アメリカがトランプ政権になったことで、日本の安全保障にどんな影響が出ると思いますか。
まったく分かりません。

>◆日米安保条約をこれからも維持していくことに賛成ですか。反対ですか。
同盟自体は賛成ですが、基地提供は縮小していくべきです。

>◇(「賛成」と答えた80%の人に)では、日米安保体制における自衛隊の活動は、今後どうあるべきだと思いますか。
増やすべきです。

>◆日本政府によると、2015年度のアメリカ軍の駐留経費のうち、約86%にあたる1910億円を日本が負担しています。この日本の負担割合についてどう思いますか。
多すぎます。

>◆安全保障分野において、日本政府はアメリカに対して、日本の立場や考え方をどの程度主張していると思いますか。
知りませんが、主張しているようには見えません。

>◆いまの日本の憲法は、全体として、よい憲法だと思いますか。そうは思いませんか。
条文自体はよい憲法だと思います。しかし占領軍に押し付けられたという成立の経緯を考えると悪い憲法だと思います。

>◆いまの憲法を変える必要があると思いますか。変える必要はないと思いますか。
変える必要があります。変えないとしても、国民投票にかけ、主権者が選んだという体裁をとるべきです。

>◇(「変える必要がある」と答えた41%の人に)変える必要があると思う気持ちの強さはどの程度ですか。
とても強いです。

>◇(「変える必要がある」と答えた41%の人に)特に変える必要があると思う分野はどれですか。いくつでもマルをつけてください。
分野は問いません。成立の経緯が問題なのですから。

>◆憲法とは、国家の権力を制限するべきものだと思いますか。それとも、国民の権利を制限するべきものだと思いますか。
国家の権力を制限するものです。
 
>◆憲法改正の議論にどの程度関心がありますか。
大いに関心があります。

>◆国会の憲法審査会では、憲法改正をめぐる議論が始まっています。憲法改正は優先的に取り組むべき課題だと思いますか。そうは思いませんか。
優先って、何に対して優先すべきかという質問なのでしょうか? 質問文があやふやです。

>◆安倍首相は憲法改正を目指すことを明言しています。安倍政権のもとで憲法改正を実現することに、賛成ですか。反対ですか。
どの政権であろうが賛成です。
憲法改正には賛成だが安倍首相のもとなら反対、というのは嫉妬心丸出しの態度です。

>◆憲法を改正して、新しい条項や権利を新たに加えるべきだ、という意見がある一方で、いまの憲法を変えなくても十分対応できる、という意見もあります。以下の項目についてあなたの考えを選んでください。

>・外国からの武力攻撃や大災害などの際に、内閣が法律に代わる緊急政令を出したり、国会議員の任期を延長したりするなど、国民の権利を一時的に制限できる「緊急事態条項」
憲法を改正すべきです。

>・国と国民が協力して環境保護につとめる「環境権」
憲法を変えずに対応できます。

>・高校や大学などの授業料の免除などを定めた「教育無償化」
国公立の無償化はいいのですが、私立の無償化をすると、国が私立学校に寄付しているみたいになりませんか?

>◆国会議員1人当たりの有権者数に差がある「一票の格差」が問題になっています。人口が少ない地域では国会議員の数を減らして「一票の格差」を是正するべきだと思いますか。それとも、一票の格差があっても、人口が少ない地域の国会議員の数を確保するべきだと思いますか。
一票の格差を是正すべきです。

>◆男性どうし、女性どうしの結婚を、法律で認めるべきだと思いますか。認めるべきではないと思いますか。
相続権や配偶者控除などは同等の権利を認めてもいいと思います。しかし、男女の結婚と同じとすると養子がとれることになります。大人同士の関係なら好きにすればいいと思いますが、子供への影響には懸念があります。
なお、同性婚を認めるなら憲法改正が必要になると考えます。この世論調査の憲法改正の項目に、同性婚があがっていないのか不思議です。

>◆法律を改正して、夫婦が、同じ名字でも、別々の名字でも、自由に選べるようにすることに賛成ですか。反対ですか。
賛成です。仕事をしている人が突然名字を変えるのは、周囲に迷惑です。

>◆憲法で天皇は、「日本国の象徴」「国民統合の象徴」とされています。天皇の公務や継承のあり方について、考えに近いのは次のうちどれですか。
時代に応じて変わっていくべきです。

>◆天皇が行う公のつとめには、憲法に定められた国会の召集など「国事行為」のほかに、各種行事の出席や被災地へのお見舞いなど「公的行為」もあります。こうした公的行為は、天皇が象徴としての役割を果たすため、どの程度重要だと思いますか。
大いに重要です。

>◆天皇の退位についてうかがいます。いまの天皇陛下だけが退位できるようにするのがよいと思いますか。今後のすべての天皇も退位できるようにするのがよいと思いますか。それとも、天皇は退位すべきではないと思いますか。
今後すべての天皇も退位できるようにすべきです。

>◆将来的に皇室が安定的に維持されることに、どの程度不安を感じますか。
ある程度感じます。

>◆いまの皇室に関する法律の「皇室典範」により、天皇の位につくのは、男性に限られています。天皇は男性に限った方がよいと思いますか。それとも、皇室典範を改正して、女性も天皇になれるようにした方がよいと思いますか。

>◆皇室典範により、天皇は、父方に天皇の血を引く、いわゆる「男系」に限られています。もし、女性天皇の子どもが天皇になるとしたら、歴史上初めて、母方だけに天皇の血を引く「女系」の天皇を認めることになります。これまでの「男系」を維持する方がよいと思いますか。それとも、「女系」を認めてもよいと思いますか。

>◆いまの皇室典範では、女性皇族は民間人と結婚すると、皇室を離れます。今後、結婚後も女性皇族が皇室にとどまる「女性宮家」を創設できるようにするべきだ、という意見があります。この考えに賛成ですか。反対ですか。

>◆終戦直後に皇室を離れて民間人となっている旧皇族が再び皇室に戻るようにするべきだ、という意見もあります。この考えに賛成ですか。反対ですか。

>◆皇室を安定的に維持するため、いまの天皇陛下の退位をめぐる議論にとどまらず、将来的な天皇の位の継承について、今後も議論を続けるべきだと思いますか。そうは思いませんか。


これらの問題は天皇家で決定するのが正しいと考えます。一般庶民が口出しをすべきことではありません。

>◆最近の社会で問題になっていることについてうかがいます。以下の質問について、1と7のどちらに考えが近いですか。中間を4として、1から7の間で当てはまる気持ちの強さに一つだけマルをつけてください。

>・日本は難民や移民をもっと受け入れるべきだと思いますか。
難民と移民は分けて考えるべきです。
難民と認められたら受け入れるべきです。しかし、増やす努力をすべき性質もものではありません。
移民は受け入れるべきではありません。

>・国籍、人種、宗教が異なるひとが身近に生活することに抵抗を感じますか。
感じません。職場にも普通に外人はいますし、近所でも珍しくありません。

>・学歴や収入の格差による社会的な分断が日本にあると思いますか。
格差はあっても、「分断」といった一個の明確な線はありません。細い線がいくつもあるイメージです。

>・自国の利益の追求と、国際社会への貢献では、どちらがより大事だと思いますか。
自国の利益の方がやや大事です。民主国家である以上、納税者に多大な不利益をかける政策はとれません。

>・民主的に選ばれたリーダーの判断であれば、従うことは当然だと思いますか。
当然ではありません。民主的に選ばれたといっても、法の支配下です。判断に不服があるなら異議申し立てができるのは当たりまえです。

>・意見が対立する問題について、多数決で決めたことはいつも正しいと思いますか。
多数決と正しさとは無関係の概念です。
いつも正しいとは思いません。

>・いまの社会では、少数意見が尊重されていると思いますか。
こういう質問は比較対象を示さないと意味がありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle