【朝日新聞】(社説)阪神支局襲撃30年 覚悟をもって喋る、明日も

5月2日朝日新聞の社説は、阪神支局事件にからんで報道と暴力についてです。

(略)
 兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局に散弾銃をもった男が押し入り、小尻知博記者(当時29)を殺害した事件から、3日で30年になる。支局3階の資料室には、小尻記者らが座っていたソファも展示されている。
 名古屋本社寮襲撃、静岡支局爆破未遂などと続いた一連の朝日新聞襲撃事件は、「赤報隊」を名乗る犯人が不明のまま、2003年に時効となった。
 社会に開かれた支局を襲う卑劣な犯行は言論の自由への挑戦であり、断じて許されない。事件後、朝日新聞はそう訴え、脅しに屈さない覚悟を示した。その姿勢にかわりはない。
 計8通の犯行声明から浮かぶのは、身勝手な決めつけと、戦前への回帰志向である。
 「日本で日本が否定されつづけてきた」とし、「日本人が日本の文化伝統を破壊するという悪しき風潮がいきわたっている」。そして「反日分子には極刑あるのみ」と結論づける。
 独善的な考えで、気に食わぬ言論を暴力で封じる。そんな手法に、理などない。
 犯人は中曽根康弘元首相やリクルート元会長らへ標的を広げ、3年余りで動きを止めた。
 事件を過去のことと考えることはできない。排外的な社会の空気は強まり、「反日」という言葉は一般化しつつある。
 慰安婦報道にかかわった元朝日新聞記者には14年、「国賊」「売国奴」などと個人攻撃が繰り返された。ネット上には家族の実名や写真もさらされた。
 街頭ではヘイトスピーチで差別感情をあおる集団もいる。
 言論史に詳しい渡辺治・一橋大名誉教授(政治学)は「こうした言葉は相手を沈黙させ、萎縮させるもの。意見の交換を前提にしていない」と警告する。
 言論を封じる憎悪表現といっていい。
(略)


新聞の主張が気に食わないからといって散弾銃で銃撃するなどもってのほかです。言論には言論で対抗すべきであり、暴力は断固として否定されるべきです。「赤報隊」とやらの所業はまったく支持できません。

また、慰安婦報道にかかわった元朝日新聞記者の家族の写真をネットでさらすという行為も、直接の暴力とは違いますが、悪しき行為であることは共通します。家族に矛先を向けるのは卑劣です。

しかしながら、記者本人に対して「国賊」「売国奴」「反日」と攻撃するのは、一概に悪いとは思えません。国民は自分の国を愛するべき、という価値観からくる言葉です。

それに対抗するなら、“自国の悪を真摯に認めることこそが愛国なのだ(=「反日」ではない)”とか“国際化された現代に愛国心は時代遅れ(=「反日」は悪ではない)”といった論を展開すればいいだけです。

渡辺名誉教授「こうした言葉は相手を沈黙させ、萎縮させるもの。意見の交換を前提にしていない」と言っていますが、言われたからといって沈黙して萎縮する方がおかしいです。散弾銃を持ち出されたらさすがに萎縮しますが、言葉だけなら言い返せばいいだけです。

そもそもマスコミ自体が欧米の一部政治家に「極右政党」とか「ポピュリスト」といった「意見の交換を前提にしていない」と思われる言葉を投げつけています。

「国賊」「売国奴」「反日」が悪くて、「極右政党」「ポピュリスト」は悪くない、とでも考えているのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle