【展覧会】シャセリオー展

於:国立西洋博物館

アングルの弟子でありながらロマン派に傾倒した夭折の画家シャセリオーを紹介する展覧会です。

若くして亡くなったためなのかも知れませんが、完成したシャセリオーの作品はあまりありませんでした。デッサンとか習作とか関連する他の画家の絵が多かったです。

音声ガイドは、TBSのアナウンサーが勤めていましたが、スペシャルナビゲーターとして山田五郎さんが勤めていました。「ロマン派は19世紀の全共闘運動である。既成権力になんでも反対したので、矛盾したものも抱えている」という説明が腑に落ちました。

会期が終わり近いせいか、思ったより空いていました。ゆっくり鑑賞できました。

5月28日までです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle