【時事問題】大西英男議員の問題発言

自民党議員のあきれかえった発言です。

朝日新聞の記事より引用します。

受動喫煙対策を議論した自民党厚生労働部会で大西英男衆院議員が「(がん患者は)働かなければいい」と発言した問題で、三原じゅん子参院議員は23日、「(がん患者の)雇用のチャンスを奪うべきでない。患者が職を探すのは本当に大変なことだ」と述べた。大西議員は今月15日の部会で、職場でたばこの煙に苦しむがん患者の立場を訴えた三原議員の発言に、ヤジを飛ばした。
 大西議員は22日、発言を謝罪したが、「『働かなければいい』というのは、少数の喫煙可能の店でのこと」と主張していた。これに対して三原議員は「今回のヤジはあまりにも心がないと思う」と指摘。謝罪については、「患者の皆さんに伝わったかどうかが問題」と話した。
(略)


この議員は、前に「巫女のくせに」という発言で物議をかもしています。(参)

いちいち論評するまでもなく問題のある発言です。

「少数の喫煙可能の店で(働かなければいい)」という意味だと弁解していますが、職場を自由に選択できる労働者だけではないことを知らないのかあるいは無視しています。

一回くらいなら言葉足らずの失言もあるかもしれません。しかしこの議員は、「巫女のくせに」発言で批判を受けたにもかかわらず繰り返しています。

頭が悪いとしか思えません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle