【時事問題】「立憲デモクラシーの会の安倍改憲メッセージへの見解」への見解

5月22日、立憲デモクラシーの会(共同代表、樋口陽一 東京大学名誉教授・憲法学、山口二郎 法政大学・政治学)が、「安倍晋三首相による会見メッセージに対する見解」を発表しました。

 5月3日、安倍首相は憲法改正の具体的提案を行った。9条の1項2項を残したまま、自衛隊の存在を新たに憲法に明記し、さらに高等教育を無償化する提案で、2020年の施行を目指すとのことである。
 自衛隊はすでに国民に広く受け入れられた存在で、それを憲法に明記すること自体に意味はない。不必要な改正である。自衛隊が違憲だと主張する憲法学者を黙らせることが目的だとすると、自分の腹の虫をおさめるための改憲であって、憲法の私物化に他ならない。
 他方、現状を追認するだけだから問題はないとも言えない。長年、歴代の政府が違憲だと言い続けてきた集団的自衛権の行使に、9条の条文を変えないまま解釈変更によって踏み込んだ安倍首相である。自衛隊の存在を憲法に明記すれば、今度は何が可能だと言い始めるか、予測は困難である。
 安倍首相は北朝鮮情勢の「緊迫」を奇貨として9条の「改正」を提案したのであろうが、たとえ日本が9条を廃止して平和主義をかなぐり捨てようとも、体制の維持そのものを目的とする北朝鮮が核兵器やミサイルの開発を放棄することは期待できない。憲法による拘束を緩めれば、軍拡競争を推し進め、情勢をさらに悪化させるおそれさえある。国民の6割が手をつけることに反対している9条を変更する案としては、理由も必要性も不透明なお粗末な提案と言わざるを得ない。
(略)


「自衛隊は国民に広く受け入れられた存在」という点は同意します。しかし、自衛隊を受け入れている国民の中には、自衛隊は合憲だと考えている人、自衛隊は違憲だから憲法を改正すべきと考えている人、憲法との矛盾を気にしない人が混在しています。

したがって、「自衛隊はすでに国民に広く受け入れられた存在」だから「それを憲法に明記すること自体に意味はない」とは言えません。

憲法に明記する必要がないと主張していいのは、自衛隊は合憲だと考えている人だけです。

立憲デモクラシーの会が自衛隊を合憲とみなしているのかどうか定かではありませんが、少なくない憲法学者が自衛隊の存在を違憲と考えているのは事実のようです。憲法学者にかぎらず、自衛隊と憲法は矛盾すると考えている人はすくなからずいます。

自衛隊が違憲と考える人たちは無視できるほどの少数とは思えません。よって、自衛隊と憲法の“矛盾”をなくすための改憲には意味があります。

改正案を「自衛隊が違憲だと主張する憲法学者を黙らせることが目的」というのは事実といえば事実ですが、表現の仕方がおかしいと思います。被害妄想的なものを感じます。

立憲デモクラシーの会が自衛隊は合憲故に憲法改正は不要と考えているなら、自衛隊違憲論者の主張をくずすことこそが先決です。安倍首相にかみつくのはまとはずれです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle