【時事問題】文科省前事務次官の出会系バーへの出入り問題

新しい獣医学部を認可しろという総理の意向を匂わせる文書が本物だと証言した文科省の前事務次官が、出会い系バーに出入りしていたという事実が新聞で暴露されました。

出会い系バーなるものは、要するに売買春を目的とした場所のようです。非合法ではありませんが道徳的にはいかがなものかと思われるところです。

前事務次官は、貧困女性の実態調査のため、と釈明しています。

常識的に考えてこの言い訳は信じられません。証拠はないけど断言します。この前事務次官は買春目的で通っていたはずです。

しかしながら道徳的に問題がある人物だということと証言の信憑性には関係がありません。

また、役所の事務次官という公職だから報道されているのであって、全くの一般人が出会い系バーに通っていても報道されることはないはずです。

政権に不利なことを言うから、秘密を暴露された、とみておおむね間違いないでしょう。

その一方で、政権の思惑とは別に留意すべきことがあります。この前事務次官が失職する際のごたごたで政権に不利な証言をする動機があるということです。

証人の道徳性の有無は証言の信憑性に無関係ですが、証言することで不利になる人に恨みがあったとすると、まゆにつばをつけて聞く必要がでてきます。

一方的な官僚バッシングも感心しませんが、政権批判をする元官僚を英雄視するのも間違っています。

冷静に判断すべきところだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle