【時事問題】警察幹部は何を謝罪したのか?

福岡で、母子3人が不審な死に方をして、父親の警察官が妻を殺した容疑で逮捕されました。なお、この警察官は容疑を否認しています。

この件で、福岡県警の幹部が謝罪しています。

朝日新聞の記事より引用します。

(略)
 「職員がこのような重大な犯罪で逮捕され、県民のみなさんに心よりおわび申し上げます」
 午後7時に始まった会見の冒頭、報道陣約50人が集まる中、県警の久田誠・警務部長はそう口にし、同席した近藤康徳・首席監察官らとともに、約3分半にわたって頭を下げ続けた。
(略)


正直言って、なんで謝っているのかさっぱりわかりません。

一職員が勤務時間外に犯罪をしたというだけです。警察組織の不祥事ではありません。

無実の人間を間違って逮捕してしまったとか、預かっていた証拠品を盗まれたとかいうのとは違います。

無理に想像すれば、県民の信頼を裏切ったから、ということでしょうか。

しかし、仮に幹部に県民が寄せていた信頼を失墜させた責任があるとしても、謝る相手は真面目に働いている他の警察官に向けてとなるはずです。

百歩譲って、幹部が報道陣に謝るべきとしても、3分半も頭を下げる(下げさせる)というのは度を越しています。

真摯な謝罪というより、芝居がかってみえました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle