【映画】22年目の告白-私が殺人犯です-

主演:藤原竜也

殺人犯が時効後に公衆の前に名乗り出て告白本を出版し、それがベストセラーになり、ニュース番組の出演も決まる。不敵に世間を挑発する男は裏で別の計画を練っていた。

という話で、いかにも藤原竜也が演じそうな役です。

殺人犯の告白本と聞いて神戸の事件を思い浮かべましたが、視聴後に知ったのですが、日本のオリジナルではなく、韓国映画のリメイクだそうです。観たことないので、どこまで忠実にリメイクしたのかは分かりません。

男の計画は最終的に成功するのですが、途中経過が偶然に頼りすぎているのが難です。あと、ニュース番組に出演中にハプニングがおきるのですが、生放送なのですからテレビ局はなんらかのリカバリー策を講じなければいけません。なのに、なすすべもない様子というのはリアリティーに欠けます。

オリジナル作品と比較してみたくなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle