【展覧会】馬琴と国芳・国貞 八犬伝と弓張月

於:太田記念美術館

曲亭馬琴の「南総里見八犬伝」と「椿説弓張月」を題材とした浮世絵を国芳と国貞を中心に集めました。

直接曲亭馬琴の小説を絵にしたものだけでなく、歌舞伎になったものを描いたものもあります。つまり登場人物の名前だけでなく役者の名前も添えられたものもあれば、いかにも舞台めいた構図のものもあります。概して、国芳は直接描き、国貞は歌舞伎からの創作が主だっているように思いました。

別に競っていたわけではないでしょうが、同じ題材を複数の画家が描くのですから勝手に、比較してみたくなります。現代人の目からみれば、歌舞伎を間に挟んだ方が生硬に見えるのは否めません。

この美術館の常ですが、テーマがはっきりしているためとても勉強になった気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle