【時事問題】稲田大臣の失言

稲田防衛大臣が、都議選の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と語ったことが問題視されています。

いうまでもなく、防衛省や自衛隊が選挙で特定候補者を応援することなどあってはなりません。稲田大臣の失言癖はいまに始まったことではありませんが、選挙を前にして致命的な失敗です。

稲田大臣は「誤解を招きかねない」と発言を撤回しました。

政治家が失言をした言い訳の定番です。発言の一部を切り取られたり、意図を捻じ曲げられた場合に、うらみをこめて「誤解を招きかねない発言だった」と撤回する気持ちはわかります。

しかし、今回の稲田大臣の発言は誰も誤解していません。

誤解があるとしたら、稲田氏の国の制度への理解の中だけです。

罷免される前に、自分から責任をとって辞任すべきと考えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle