【映画】宇宙戦艦ヤマト2202 第二章発進編

第一章に続いて視聴しました。

今回は旧ヤマト乗員が命令を無視してヤマトに乗り込み「発進」させます。ほぼ地球側の描写で、ガトランティス側の描写は極小です。戦闘も本格的なものはありませんでした。いうなればタメの回です。

しかし、次回に向けての伏線は着々と張られています。

前作(2199)から引きずっている、波動砲禁止という縛りが重いテーマになりそうです。

また、意外にも森雪(ヒロイン)が乗船しませんでした。森雪はどこかで合流するのかもしれませんが、すくなくとも旧ヤマト乗員が全員乗艦するわけではないようです。ヤマトが去った地球でもドラマが用意されているのかもしれません。

旧作(「さらば宇宙戦艦ヤマト」「宇宙戦艦ヤマト2」)では、復興した地球がいきなり最新鋭の戦艦を揃えた理由が(突っ込むべきところではないのかもしれません)わかりませんでしたが、今作ではその理由を提示してきました。この種明かしにはビックリしました。

ガミラスとの関係で、とんでもない裏取引が進行していたのも大人向けのテイストです。もっとも地球の統治機構がどうなっているのか(統一国家になっているのか、民主的に運営されているのか、etc…)が描かれていないので、ちょっと不満はのこります。

第三章は10月と間が空きますが、今から楽しみです。予告編によるとガトランティスとの大戦闘になるみたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle