【介護】車椅子利用者の搭乗拒否

車椅子の男性が帰りの飛行機に搭乗しようとした拒否され、自力でタラップを登る(これも制止されたらしいですが、強引に乗り込んだとのこと)という事案があり、議論をよんでいます。

この件そのものは、報道にあることしか事情がわかりませんが、車椅子利用者を押していた経験から雑感です。

もともとこの航空会社では自力でタラップを乗降できない人間はお断りするつもりだったらしいです。往路で乗せたのが間違いだった、という説明です。

間違いでもなんでも往路で乗せてしまったら復路でも乗せてもらわなければ困ります。旅行先で暮らしていけるはずがありません。会社員が会社の規則に則って行動するのは当然ですが、常識と柔軟性に欠けています。現場の社員の責任というより会社全体の問題です。

自分で乗降できない人はお断り、といってもまさか赤ん坊をづれまで断らないでしょう。介助者が乗降を手伝えるなら断る合理的理由はないように思います。

それにいまどき車椅子お断りという施設があることにも驚きました。車椅子なんて普通でしょうに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle