【時事問題】東京都議員選挙に見る民進党

東京都議会の議員選挙が行われました。

都民ファーストの会が大勝利。自民、民進は惨敗。共産は微増。公明は堅調。という結果でした。

自民敗北の理由は、やはり国政の影響だと思います。他にも、前知事が辞める騒ぎのころから表ざたになった自民党の東京都議会議員の高慢な態度も関係していたのかもしれません。

自民が敗北した理由は容易に想像できますので、立て直すことは不可能ではありません。

しかし、民進の敗北には明確な理由がないため深刻です。自民批判の受け皿を、都民ファーストの会というにわかに立ち上がったグループに奪われ、いいところがありませんでした。

国政選挙の場合は都民ファーストの会に比するようなグループはありませんし、当面現われないと思われますので、都議会ほどの敗退はしないでしょうが、油断すればどうなるかわかりません。

その一方で、一旦風向きが変われば、小選挙区ですのであっと言う間に政権奪取となるかもしれません。

今回の都議選で民進党が汲むべき教訓は、共産党との共闘は決して民進党には有利に働かないということだと思います。

党として基本政策に則った政策を地道に国民に訴え、与党の足を引っ張るのは他の野党にまかせるべきです。

別に民進党を応援しているわけではありませんが、日本の政治のために野党第一党の民進党には立ち直って欲しいと願っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle